昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載完全版ドキュメント・北九州監禁連続殺人事件

2020/08/25

genre : ニュース, 社会

花奈ちゃんの死の原因は「通電ではなかったと聞いている」

Q「花奈ちゃんについての通電行為は?」

 ここでまたも両弁護士は小声で相談をする。

A「あのですね、花奈ちゃんについては、通電行為については松永さんはお話ししていない。花奈ちゃんが死に至ったその手段ですが、通電ではなかったというふうに聞いている、と」

Q「誰から聞いてるんですか?」

A「まあ、伝聞証拠になるので……。とにかく、通電ではなかった、と」

Q「花奈ちゃんが死んだのは、とにかく通電ではない、と?」

A「まあ、そういうことですね。でも、人から聞いたことですから」

Q「花奈ちゃんに対する通電行為は、以前にもあったのですか?」

A「おいやめいについては、まだなにも聞いていません。監禁とか、開示されている証拠についてやっているので、それについても、どうなんだという接見はしていないんです」

※写真はイメージ ©︎iStock.com

「花奈、孝を殺す動機はなく、殺害を命じたこともない」

Q「孝さんについては起訴事実にある時間、場所で通電したんですか?」

 ここでも弁護士どうしでの、小声での話し合いがなされる。

A「だから、こちらの方もまだ、具体的な点については聞いていても、よく分からない。そこまでは詳しく言ってませんから。ただ、松永さんの調書のなかには、『花奈、孝について、殺す動機はありません。(緒方に)殺害を命じたことはありません』とあります」

Q「孝さん殺害について、殺意の有無がひとつのポイントになると思いますが、起訴状にはかなり詳しく通電の仕方が書いてあって、唇に紙を挟んで通電したとありますが、そういう通電があったこと自体は、松永は認めているのですか?」

A「唇に(電気を)当てたというのは、日常茶飯事にしてたんじゃないですか」

Q「要するに、それで死亡したわけではないんだ、と?」

A「そう」

Q「そういう通電は、(監禁致傷の被害者である少女の)清美さん(仮名)とかにはやったんですか?」

A「清美さん事件とかは、まだ松永さんの調書はありません。黙秘していたわけですから」

Q「『殺す動機はありません』や『命じたこともありません』ということで命じたのは、殺害を命じたんですか、それとも通電を命じたんですか?」

A「だから、捜査側に認めたのは、ぜんぶ虐待をしたことがあるかどうかなんで……。通電かどうかは、日常的に行われていたことだから、そういう意味では、わざわざ命じなくてもね。……まあ、まだ分かりませんけどね」