昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“不倫”渡部建、佐々木希に代わり“主夫”生活のいま 「CMの違約金は全額払った」

児島には多数のオファーが……

「以前は、奥様と一緒に3匹のワンちゃんを連れて、お子さんと仲良く遊んでいる姿をよく見かけましたが、騒動後はお姿をみかけません」(近隣住民)

「週刊文春」6月11日発売号が報じたお笑いコンビ「アンジャッシュ」渡部建(47)の「テイクアウト不倫」。2カ月余りが経ち、彼の周囲で異変が起きているという。

渡部建 

“主夫”として家事をこなす渡部

 まず佐々木希(32)との夫婦関係だ。

「週刊文春」のインタビュー(6月25日発売号)に応じた渡部によると、妻の佐々木から「すべてを変えて、誠実に、謙虚に、反省しながら生きていく人生にしていかなければいけない」と諭されたというが、妻は「離婚はしない」と決断し、夫を支え続けているという。

「週刊文春」のインタビューに応じた渡部建 ©文藝春秋

「騒動直後、佐々木はレギュラー出演する『所JAPAN』(フジテレビ系)の収録で所ジョージさんに『お騒がせしてすみません』と深々と頭を下げていたそうです。所さんから『普通に楽しくやろうね』とアドバイスをもらったためか、その後の収録を淡々と笑顔でこなし、悲壮感は皆無。肝が据わっているなあと周囲のスタッフが感心していました」(芸能関係者)

 最近では自身が手がけるブランドのバッグや笑顔での私服姿をインスタグラムに投稿する佐々木。仕事に精を出す妻に代わり、渡部が“主夫”として家事をこなしているという。

「騒動前の渡部は多忙のあまり、ほとんど家族との時間が取れていなかった。努力家の渡部は、家でも、早朝から時事問題を勉強したり、読書をするなど1人で過ごす時間が多く、家事や育児は佐々木さん任せになっていた。しかし、今では彼が子供の面倒を見たり、家事までやっているといいます」(渡部の知人)