昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「なかったことにして欲しい」 工藤静香の長女Cocomiが“生田斗真似”彼氏をフった理由

「静香さんは2人の娘を海外で活躍するモデル、アーティストに育てたいと思っている。そのため英才教育を施し、“ステージママ”として厳しく管理してきました」(芸能関係者)

 芸能界デビューから5カ月。木村拓哉(47)と工藤静香(50)の長女Cocomi(19)が、さらなるステップアップを目指し、新たな“行動”を起こしていた――。

芸術家肌のCocomi(インスタより)

姉妹の活躍の背後には母・静香の“支え”が

 2年前、一足先にモデルデビューを果たした妹のKōki,(17)は、ブルガリやシャネルのアンバサダーとして活動中。一方のCocomiもすぐにディオールのアンバサダーの座を獲得し、日本版「VOGUE」をはじめ中国や香港の有名ファッション誌で表紙を務めている。

 姉妹の活躍の背後には、いつも母・静香の“支え”が見えるという。

「静香さんは姉妹の海外での撮影にも同行し、スタッフや出演者同士のプライベートな打ち上げの席にも顔を出して挨拶をしています」(音楽関係者)

静香は娘たちに料理も教えている

 娘たちには幼い頃から大きな期待をかけていた。

「小学校からインターナショナルスクールに通わせ、ピアノやフルートを熱心に習わせていた。その甲斐あって、Cocomiさんは英語とフランス語が話せるようになり、ディオールの紹介動画でも流暢な英語を披露している。4月からは都内の有名音楽大学に進学し、NHK交響楽団の首席フルート奏者の下で練習に励んでいます」(同前)

 そんなCocomiだが、デビュー前は恋愛も謳歌する普通の高校生活を送っていた。お相手は「週刊文春」5月7日・14日号で報じた生田斗真似の同級生である。

「彼は家柄も良く、コンクールで数々の賞を手にするなど音楽家として将来を嘱望されています。Cocomiさんとは校内で人目を憚らず抱き合うなどラブラブで、学校近くで一人暮らしをする彼のマンションに入り浸っていた」(学校関係者)