昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ベンツで女性をひき殺した「川崎の偽セレブ女」 “才色兼備”“スピード狂”……知人が明かす“衝撃の素顔”

「高校時代は勉強もできたし、性格も穏やか。女優の新山千春に似た、才色兼備な女性だったんですが……」

 悪質極まりないひき逃げ犯の過去を知るA氏は、そう言って唇を噛む。発生当時は空白だった謎の“セレブ女”の経歴が、新たな証言で浮かび上がってきた。

職質を振り切り100キロ近いスピードで暴走

 今年5月20日昼過ぎのこと。東京都大田区の路上で、中川真理紗(31)の運転する白いベンツが会社員の高橋悠さん(当時34)を背後から跳ね飛ばし、死亡させた。警察の職務質問を振り切り、100キロ近いスピードで暴走した末に起こした大惨事。なおも現場から走って逃げ去った中川はすぐに逮捕されたが、その尿から覚醒剤の成分が検出された。

女性を巻き添えに大破したベンツ(手前)

「SNSには、複数の高級車のほか、高級ホテルや海外旅行先の様子など、セレブ感溢れる日常がアップされていたが、逮捕時の職業は『自称・飲食店店員』。川崎市内の庶民的な集合住宅で育った、偽りのセレブでした」(社会部記者)

 中川は子供の頃、翻訳関係の仕事をしていたという父をガンで亡くし、母親に女手一つで育てられた。

 A氏が振り返る。

「真理紗は実家のある川崎から都内の中高一貫校に通っていましたが、高3から駿台予備校にも通い始めたんです。僕はそこで彼女と知り合いました。彼女の志望は早稲田か慶応の文系学部。お洒落で美人だったので、予備校でも男子に人気がありましたね」