昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

コロナは、美容をどう変えたのか

2020/08/28

PR

ほんの半年前に、ここまでの社会の変容を予想した人がどれだけいただろうか。そしてマスク生活とリモートワークは、メイクとスキンケアにも波及していた。

mask × make-up
マスク時代のメイクは不要不急 それでもメイクをしたい人へ!

 コロナ禍によって“やめること”や“休むこと”が多くなった。そこで早速、オシャレとメイクに必死になるのをやめた人は少なくないはず。当面マスクを外せない中では、丁寧にメイクするほど無理やり感が出てしまうし、既存のメイクの仕組みはマスクにそぐわない。そもそもメイクを楽しめない。冷静に考えればメイクは不要不急。いっそ、しばらくメイクを休んでしまう選択もあるのだろう。

 とは言え、丸裸ではあまりに乱暴。自分なりの「これだけは」という、外せないプログラムだけ残すメイクが今の気分。言い換えれば常識に囚われず、自分に必要なものだけで、改めて自分の顔を作り直していくべき時ではないか。多分そうこうするうちにメイクのニューノーマルが形作られていくはずだから。

 目だけ浮かない、自然で効果的なアイライン。消えないアイブロウ。ほのかに落ちないリップ。欠点だけキレイに隠す付かないファンデ。そしてメイク代わりのフレグランス。いずれも前向きなミニマムメイク、コロナ生活の自分のひと技を見つけたい。

①メイクを休む人も「これだけは」という2品がシャネルにある

当面メイクはお休みと決めた人に、メイク代わりの女の自覚とオーラを加えるのが、ココの新作ヘア&ボディミストの涼やかなのに魅惑の香り付け。さらに男性用のアイペンシルは、見事に自然なのに目元をくっきりクールに見せる傑作。マスク時代、浮かないアイメイクの決定版だ。

上:ココ マドモアゼル ロー プリヴェ 50mL ¥9,800(9/4発売) 下:ボーイ ドゥ シャネル アイ ペンシル 全3色 各¥4,800(店舗限定発売中)/シャネル 0120-525-519

②スッピンのふりをしつつ欠点はカバーする秘技

マスクでも崩れにくいのはパウダータイプ。でもさらにカサカサせずにスッピンのふりをしつつ、シミもシワも隠せるのはこの新生ベリーレアの薄膜仕上げ。

ベリーレア エアー SPF33・PA+++ 全4色 各¥5,000/アルビオン 0120-114-225

③マスク時代の始まりを告げる、何はなくても色落ち防止

マスク必須、それでも薄っすら口紅をつけたい人にはこれが最初のマストアイテム。どんな口紅もトップコートのように被って色落ちさせない魔法のコート。グロス代わり、リップケア代わりにも活躍する。

クリア リップコート ¥3,300/アンプリチュード 0120-781-811

④革命的・眉色ティントはマスク時代の寵児になった

一度仕上げれば3日は消えない。なのに張り付いた眉ではなく、自然な自眉のフサ感をも再現する眉ティント。もうマスク時代に逆らわずスッピンで生きると決めた人には必需品!

フジコ眉ティントSVR 全3色 各¥1,280/かならぼ 0120-91-3836


remote work × make-up
オンラインの対話時代に美人に映る必要充分

 まさかの展開で、多分5年は早まったリモートワーク主流の時代。7割の人がリモートを望んでいるらしいから、このまま定着するのだろう。今だけと思ったオンライン会議も常識になるならもっと本気で考えたいオンライン顔作り。

 意外なのは、オンラインが始まってみると意に反してしっかり化粧せざるをえなくなった人が少なくないこと。それも自分のパソコンに自分の顔が映る形となり、客観的に見せられる自分の顔のあれこれが気になって、結果メイクが濃くなっていくという流れ。何よりどうせ映らないだろうとタカをくくっていた欠点はことごとく映し出され、だから欠点カバーは必須となる。またオンライン画像は下からあおるからのっぺり平面顔に映り、コントワリングが必須となる。さらに言えば無表情どころか、むっつり不機嫌な顔に映りがちだから、自然な血色や透明感もマスト。リモート時代はファンデーションも、いつ何時自分が画面に大映しされても大丈夫な、肌がパンと元気に見える、半分スキンケアのハイブリッドタイプを当てたいのだ。結果、まさかの厚化粧時代?

①ベスコス総なめ化粧水がファンデになって、もはや怖い物なし!

ランコム、クラリフィックの大人気化粧水のスキンケア効果を搭載、トーンアップなど3色をマーブルした美肌作りに余念のないスキンケアするファンデはリモートワークに最高。

タン クラリフィック マーブル コンパクト SPF50・PA+++ 全2色 各¥7,100(9/4発売)/ランコム 0570-666908

②無表情に見えるオンライン、表情豊かな上に美人に見える技

ちょっと遠目に美人に見えるコツは、やはりコントワリング。顔立ちの中の出っ張りとへっこみをハイライトとシャドウで上手に描き分けるコンパクトは、骨格のメリハリとともに生き生きとした発光感を加え、これだけで顔ができあがる。

コントゥアリング フェイス 全2種 各¥5,500/エレガンス コスメティックス0120-766-995

③複雑な色の共演がオンライン会議でハッとされる!

単なるチークじゃない。ひとはけで顔立ちの自然な陰影と血色がキレイに際立つ不思議な5色。質感の異なる濃淡がハッとするような肌の美しさに成り変わる。透明感を加えるブルーがまたオンラインで効きまくる。

ルナソル シックコンシャスブレンダー 全2種 各¥6,500(限定発売)/カネボウ化粧品 0120-518-520

④肌悩みに一問一答、色も質感も効果も異なる4品、揃い踏み!

シミ、シワ、クマ、くすみ……と欠点1つに1本ずつ。カバーのみならず肌悩みに応じたフィットする質感とスキンケア効果を加え、隠しながらトラブルケアする頭の良いコンシーラーはまさにリモート生活向き。

このコンシーラー+パウダーだけで生き抜ける。米肌 つやしずくスキンケアコンシーラー 全4種 各¥3,000/コーセープロビジョン 0120-018-755


mask × skincare
マスク必須も長引くほどにストレス対策がマストになる

 ただでさえストレスが溜まる今日この頃、マスクかぶれに、マスク頭痛と、マスクが外せないことによる様々なトラブルが報告された。この先一体いつまでマスク必須の生活が続くのか、見当もつかないからこそ、今のうちにちゃんと対策を打っておきたい。

 言うまでもなくマスクによって、蒸れる、こすれる、過敏になる……と肌は特殊なトラブルに見舞われるから、インナーケアや生命力の底上げケアで力強く潤う肌で先回りしたり、肌をいたわりながらもちゃんと力強く美しい肌を作って行く攻めの敏感肌ケアでしっかりと対策したり。決め手は、肌を強くしながらも守ること。

 またマスクをした状況に合わせて、顔の上半分だけ日焼けしないように美白おしろいを全体に薄く塗って出かけるような、肌に優しい工夫がものを言うはずだ。また、目元だけ目立つから目元トラブルを一掃するアイケアも! ヤワなスキンケアでは間に合わない。顔の上に常に異物が残っているというのは、美容上はある種、異常なことであるのを肝に銘じて、強力な布陣を備えて欲しい。

①“マスク過敏”にこの一手 肌荒れどころか透明美全開

天下の雪肌精が放った敏感肌ラインはマスクの下で過敏になりがちな肌を安定的に保ちつつ、眩しいような透明感を作っていく新しい攻めの一手。

右から 雪肌精 クリアウェルネス ピュア コンク 200mL ¥3,400、同 リファイニング ミルク 140mL ¥3,600(編集部調べ・9/16発売)/コーセー 0120-526-311

②スキンケアをするおしろいはマスク外出に重宝

スキンケアなのに肌を明るく見せるおしろい状。本気の美白をしながらも肌をキレイに見せ、24時間つけっぱなしもOK。今こういうものこそ重宝する。

ブライトニング フェイス パウダー ¥5,500/アナ スイ コスメティックス 0120-735-559

③飲むヒアルロン注射は、より飲みやすくカロリーオフ

飲むだけで体の中にヒアルロン酸を生み出す、未来形のインナーケアが早くも進化。ヒアルモイスト乳酸菌の配合量が5倍にアップした。それこそ飲み始めて2日3日で足の踵までがツルツルしてくる凄い手応えはマスク疲れにも。

ヒアルモイストW +ホワイト 1箱(50mL×10本)¥5,000/日清食品グループ 0120-993-557

④いよいよ目立つ目元トラブルをまとめてケアするロートの本気

マスクをすると、目回りの衰えが何倍も目立ってしまう。目尻の小ジワに瞼のむくみ、たるみ、そして何より目の下のクマ、ひとつひとつに丁寧に対応。目薬のロート製薬の開発だからきめ細かさが違うのだ。

エピステーム アイクリアエッセンス 8g ¥7,000(9/1発売)/ロート製薬 03-5442-6008

⑤生命力を送り込む神秘的な膜、卵殻膜エキス96%の解決力

卵のカラの内側にある薄膜、卵殻膜の化粧品化に成功した話題の美容液。21日間でヒヨコを産み出す生命力の鍵はこの膜にあり。コラーゲンを生み出す肌再生の不思議な力を備えている。コロナ疲れにコロナ肌荒れした最悪の状態からも救ってくれるはず。

チェルラー ブリリオ 15mL ¥6,000/アルマード 0120-85-1180


remote work × skincare
リモートワーク時代を予測していたかのような頭脳スキンケア

 まさにスキンケアにもニューノーマルの波。それも、リモートワークが1つの常識となり時間軸が変わりそうだから。スキンケアは夜のもの、それが日中もスキンケアできる時代になれば、常識ははっきり変わる。とは言え時々入り込むオンライン会議においては見た目の綺麗も要求され、そこでもまた常識が変わってくる。そんなわけで、テクノロジーからメディカル、そしてナチュラルまでの幅広いジャンルで、リモート時代の傑作を集めてみた。まずファインファイバーによる人工皮膚は、その膜の下で湿潤療法、新しい肌を作ってくれるから、少しでも長い時間肌に纏っていたいし、見た目にもバーチャルスキンのように美しい肌を作ってくれるから、ぜひぜひ日中も。またコロナ過敏になってトラブルのある肌を治療しながらきれいに彩るドクターファンデも評判。ながら美容は首元ケアに森林浴ケア。そしてコロナ禍で誰もが細胞力を低下させているからこそ細胞跳躍ケアを。まるでリモート時代を予測していたかのような新発想、新処方を今こそ見逃さないで。

①リモートワークこそ「ながら美容」の表舞台

「ながら美容」の決定版、ヤーマンの首元ケアはリモート中にこそ使いたい。ほんのり温かくなってピクピク首こりを和らげて、胸鎖乳突筋に働きかけて気がつけば美しい首すじへ。

メディリフト ネック ¥29,000/ヤーマン 0120-776-282

②先進の人工皮膚作りは、リモート時代の主役となる

睡眠中のマスクとして、また日中は見事な艶ハリ美肌膜として。膜の下では湿潤療法、それはいわば創傷治療。まさに未来のリモートケア。

使用方法:まずヴェールエフェクター(美容液¥12,000)を肌になじませる。機器にヴェールポーション(化粧液¥8,000)をセットして、肌にふきつけると極薄膜を形成。はがすまでの間、肌の湿潤環境を整えて守る。

エスト バイオミメシス ヴェールディフューザー(高性能小型機器)¥50,000、ヴェールアプリケーター ¥2,200(9/4発売)/花王 0120-256-271

③細胞の力も弱めるコロナ不安 だから助走からの細胞跳躍ケアを

細胞研究の集大成のような細胞ケアは、細胞にホップステップジャンプさせ、まさに跳躍させるような新しい発想。助走と跳躍に導く2品の美容液を交互に使い切るのが鍵だ。

右から セルエフ インテンシブ コンセントレート 30g ¥8,000、同コンセントレートEX 30g ¥10,000/日本ゼトック 0120-68-4288

④リモートワークを森林浴にする!

お手入れするときに樹々の香りも豊かなルームスプレーで部屋に香り付け。体ごと森林浴に浸れる仕組みは、重い空気も軽くするリモートワークにぴったり。主役はオイルで、日中思いついたらマッサージ、香りを嗅ぐだけでも至福ものだ。

バウム モイスチャライジング オイル 60mL ¥8,000/BAUM 0120-332-133

⑤皮膚科医だから作れた未来形トラブル治療ファンデ

ファンデとしての仕上がりもキレイなのに、何とかぶれや痒み等の皮膚科トラブルも治してしまう、解決型肌色バーム。これ1つで全てOK。

UVカラーバーム SPF50+・PA++++ 全2色 各¥5,600/ドクター津田コスメラボ 0120-555-233


※価格表示は税抜き本体価格です。

さいとうかおる◯女性誌編集者を経て美容ジャーナリスト、エッセイストに。女性誌において多数のエッセイ連載をもつほか、美容記事の企画、化粧品の開発・アドバイザーなど幅広く活躍。

Photographs:Fumito Shibasaki(donna)