昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

 手越の知人が明かす。

「この女性は元人気アイドルのX子さんです。2人は毎日電話で『会いたいね』と話すほどラブラブで、手越さんはロケで海外に行っているときですら、電話を欠かさなかったと話していました。当時はまだLINEもSkypeもなかった時代ですから国際電話料金もかなり高額になったはずですが、そんなことはお構いなしだったようですね」

X子との別れは突然に 知らない声のおじさんから留守電が入って……

 小柄でかわいらしい雰囲気のX子は、当時、歌手兼ダンサーとして活動していた。現在はアイドルを卒業し、タレントとして活動をしている。

 しかし、そんな真剣交際も2年ほどで終わりを迎える。手越はこのエピソードを著書で次のように綴っている。

出版会見の様子(手越祐也チャンネルより)

《別れは突然訪れます。急に連絡がつかなくなったと思ったら、知らない声のおじさんから「お前さ、ウチのタレントとつきあってるらしいじゃないか」と留守電が入りました。(中略)その子とは結婚しようとまで真剣に考えていたのに、大人の事情で彼女とは予期せぬ形で別れることになってしまったのです》(手越祐也「AVALANCHE~雪崩~」より)

 人気アイドル同士で交際することの難しさを象徴するエピソードだろう。手越自身も、書籍内で「しばらくポカーンとしていました」と当時の心境を明かしている。しかし、前出の手越の知人がこのエピソードについての“隠された事実”を明かす。

「実はこの『おじさん』は、エイベックス株式会社代表取締役会長の松浦勝人さん(55)のことなんです。しかも留守電に残っていたのは『てめえ、人の女に手出してどういうことだ!』という怒鳴り声だったと、手越さん本人が話しています。実は手越さんが“真剣交際”していたX子は、当時松浦さんの愛人でもあったのです」(同前)

松浦勝人氏 ©️AFLO

 実は松浦氏とX子との関係は「文春オンライン」ですでに報じている。

 2020年6月13日に公開した「《音声公開》『あゆの呪縛が抜けない』エイベックス松浦氏が語っていた『M』の真実 浜崎が浮気現場に鉢合わせ、TOKIO長瀬と……」では松浦氏自身のこんなインタビュー音声を紹介した。