昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

小室圭さん 11月1日に「借金45万3000円」が消える理由

「NYでは未だに飲食店の室内席は利用できず、道に迫り出す様にテラス席が並んでいる。大学はオンライン授業で、夏期講習も全て家の中で受けています」(情報サイトNY Mineのライター)

◆ ◆ ◆

小室さんの留学生活はいよいよ最終学年へ

NY生活3年目の小室さん

 新型コロナによる死者が15万人を超えたアメリカ。一時はその震源地だったNYで暮らすのは、秋篠宮家の長女・眞子さま(28)との結婚問題に揺れる小室圭さん(28)だ。フォーダム大学ロースクールでの留学生活はこの8月から3年目に突入、いよいよ最終学年を迎える。

「フォーダム大では3月上旬から全てオンライン授業に切り替わり、原則構内は入構禁止。スタッフや学生の家族からも亡くなる人が出て、HPには追悼ページもできました。現在夏季休暇中ですが、秋からはオンラインと対面授業が組み合わされて行われる予定です」(大学関係者)

 前出のライターが語る。

「6月のNY市の失業率が18%に上ったと発表されているように、就職はとても難しい状況。知人も大学を卒業したものの、インターンシップの受け入れが決まらず、就労ビザが取れなくて帰国しました」

 新型コロナの影響はお二人の結婚問題にも及ぶ。

「4月に予定されていた秋篠宮さまの立皇嗣の礼は目下延期され続けており、いつ開催できるか決まっていません。年内には執り行いたいという政府の意向で、11月頃では、という声もあります」(宮内記者)

秋篠宮さまご夫妻

 末日には秋篠宮が55歳の誕生日を迎えるなど、皇嗣家にとって大きな節目となる11月。実は、小室さん親子の借金問題も重要な局面を迎える。