昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

台風8号、沖縄・奄美地方で暴風大雨警戒 24日午後からは西海上へ進行の見込み

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会

24日午前、沖縄本島接近 台風8号、暴風大雨警戒―気象庁

 

 台風8号は23日午後、沖縄県・先島諸島の北海上をほぼ東へ進んだ。24日午前に強い勢力で沖縄本島に接近するとみられ、気象庁は沖縄・奄美地方では24日まで暴風や大雨、25日まで高波に警戒するよう呼び掛けた。

 8号は24日午後から26日午後にかけては東シナ海を北上し、朝鮮半島南部の西海上に進む見込み。

 沖縄県宮古島市では23日正午ごろまでの1時間に66.5ミリの非常に激しい雨が降った。

 沖縄と奄美の25日午前0時までの24時間予想雨量は多い所で150ミリ。その後、26日午前0時までの同雨量は50~100ミリ。24日にかけて予想される最大瞬間風速は沖縄35メートル、奄美30メートル、波の高さは沖縄7メートル、奄美5メートル。

 8号は24日午前0時、久米島の西北西約180キロの海上を時速10キロで東北東へ進んだ。中心気圧は990ヘクトパスカル、最大風速30メートル、最大瞬間風速40メートル。半径75キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、南東側390キロ以内と北西側280キロ以内が風速15メートル以上の強風域。

この記事の写真(1枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー