昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

大坂なおみ、準決勝出場へ 銃撃事件に抗議で棄権後、試合延期で合意

source : 提携メディア

genre : ニュース

大坂選手、準決勝出場へ 棄権から一転「支援に感謝」―テニス

大坂なおみ選手

 【ニューヨーク時事】テニスで女子シングルス世界ランキング10位の大坂なおみ選手(日清食品)は27日、所属事務所を通じて声明を出し、ウエスタン・アンド・サザン・オープン準決勝(28日、ニューヨーク)に出場する意向を明らかした。26日の準々決勝後、米ウィスコンシン州で黒人男性が警官に銃撃された事件に抗議するため、準決勝を棄権すると自身のツイッターで表明していた。

 大会主催者も27日の試合を中断し、28日に再開すると発表した。大坂選手は声明で「棄権を表明した後、(主催者側と)話し合って金曜日(28日)に試合を行う要請に合意した。大会を中断してくれたことで、多くの関心を集めることができた。このサポートに感謝している」と述べた。

 大坂選手は28日午前11時(日本時間29日午前0時)から、世界22位のエリス・メルテンス(ベルギー)と準決勝を行う。

この記事の写真(1枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー