昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「三浦春馬さんが気の毒」NHK戦争ドラマに局内から疑問の声

 7月18日に自死した俳優の三浦春馬(享年30)。彼の遺作のひとつとなったドラマ「太陽の子」(NHK)の時代考証に、NHK内部から疑問の声があがっていることが「週刊文春」の取材でわかった。

 同作は8月15日の終戦記念日に放送された1時間20分の単発ドラマ。太平洋戦争末期、原子爆弾開発を命じられた科学者たちの悲劇の物語だ。三浦は肺の療養のため一時帰郷した陸軍下士官・石村裕之を鬼気迫る表情で演じ、10.7%の視聴率を記録した。

三浦春馬さん ©文藝春秋

 この作品に対し、

〈芸熱心だったというこの俳優(三浦)の、最後の演技がこんな杜撰な衣裳では気の毒でならない〉

 と声をあげるのは、NHKのシニア・ディレクター、大森洋平氏。大河ドラマを始め、数々の番組を担当してきた同局の時代考証の第一人者だ。上の文言は、氏が関係者に配信したメルマガで「太陽の子」での三浦について触れたもの。

 時代考証に対する疑問の一例として、大森氏は三浦演じる裕之の帰郷シーンを挙げる。