昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 週刊文春WOMAN 2019夏号

genre : ライフ, ライフスタイル, 政治

性別問わず、きちんと仕事をする人が好き

——じつは小誌は創刊時から菅官房長官にインタビューする機会を窺っていました。第二次安倍政権の発足とともに官房長官に就任されて、ほかの閣僚は交代していく中、既に6年半。官房長官歴代1位の在職期間を更新し続けています。でも以前は、残念ながら……知名度が足りなかった(笑)。

菅 いや、当然でしょう。

——それが「令和おじさん」で一般の女性からの注目度、人気度が急上昇しました。でも一方で、官房長官会見での東京新聞の女性記者への対応などを拝見していると、「男社会のルールに染まらない女性を鬱陶しがるタイプの人ではないか?」と見えるんです。実際はどうなんでしょう? 女性嫌いなんですか?

菅 それは決してないです。そう思われてしまうのは残念ですよ。私は性別問わず、きちんと仕事をする人が好きです。たとえば、NPOの活動をされている方には仕事柄よくお会いしますが、圧倒的に女性が多い。皆さん、すごく芯が強いなと感心します。

1日2回の官房長官会見を6年半続けてきた

——意見を参考にされている女性のブレーンはいらっしゃいますか?

菅 それは、もちろんいますよ。私は政治家というのは、いざというときに自分で判断できるように、色々な世代、色々な立場の人から、つねに情報を得ておくことが大事だと思うんです。政治的な立場の違いは気にしません。色眼鏡で見る人が多いですけど、私はいわゆる左系の人ともお付き合いします。

——名前を挙げるとすると?

菅 名前はちょっと。相手に迷惑かけちゃうからね。でも私は一度付き合ったらものすごく長い。(横浜)市会議員時代から30年以上の人もいます。若いときに新聞・テレビの横浜支局にいた人が後に番記者になって……と、長年一緒に成長してきた人も結構います。中には「菅さんのことを最初から知っているのは私だけ」と威張っている人もいますよ(笑)。

——番記者に女性がいないのはなぜでしょう?

菅 数カ月前に1人いたんですが……。やはり官房長官は朝から晩まで働き詰めですから、女性だとそのペースになかなかついて来られないからでしょうか。一日の途中で交代する社もありますが、ほとんどの会社は1人で担当しているから。

——多忙すぎて、この6年半、一度も横浜の自宅に泊まっていないというのは本当ですか?

菅 危機管理が職務のひとつですから、基本的に官邸の周辺から離れることはありません。1日2回の定例記者会見もありますし、長官としての職務とは別に、朝、昼に1件ずつ、夜は2~3件の会合を入れて、情報収集するということを長年してきました。私は酒が苦手で、それこそ若手時代は飲まされて吐くこともあったんですが(笑)、人の話を聞くのは好きなので酒席が苦ではないんです。就寝中も枕元の携帯の音量は上げておき、連絡がきたらワンコールで目覚めます。