昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

石橋貴明58歳、なぜYouTubeで復活できたのか NHK生出演の評価と不安

 8月30日の「サンデースポーツ2020」(NHK)に出演したとんねるず・石橋貴明(58)。NHK生出演は「野猿」として出場した1999年の紅白歌合戦以来、20年ぶりだ。

「冒頭から『“貴ちゃんスポーツ2020”をお送りします』とノリノリ。帝京高校野球部の後輩、中村晃選手(ソフトバンク)の活躍ぶりなど、野球について熱く語った」(放送記者)

“貴ちゃんスポーツ2020”とは自身のYouTubeチャンネル「貴ちゃんねるず」で使っている名前。動画でも「本家本元からオファーが」と喜びを隠さなかったが、ここに至るまでは紆余曲折の日々だった。

「かつては『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジ)などで一時代を築いたが、今は深夜の『石橋、薪を焚べる』(フジ)が唯一の地上波レギュラーとして残っている状態。落ち目の感は否めない」(芸能デスク)

ネットテレビ「ABEMA」でも不定期レギュラーを持つ ©共同通信社

 そこでYouTubeに活路を求めた。“暇だから”と自虐半分で6月にチャンネルを開設したところ、瞬く間に登録者数は120万人超。

 YouTubeは芸能人だから成功するとは限らない、といわれるが……。

「YouTubeは知名度より特定の人々に刺さる“熱”を発することが大事。その点、石橋はマニアックな野球愛を押し出したことが功を奏した」(ウェブ媒体編集者)