昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

石橋のキャラがYouTubeにマッチするワケ

 帝京の後輩、杉谷拳士選手(日ハム)弄りは鉄板。7月に公開した盟友・清原和博(53)との対談シリーズは、再生数・計1300万回超。清原から『NOシャブ、NOライフ』という“迷ゼリフ”も引き出した。

 スタッフへの高圧的な態度が度々報じられた石橋。それがレギュラー減の一因ともいわれたが、YouTubeでは少々事情が違うようだ。

「好感度、つまり嫌われないことが重要視されるテレビに対し、YouTubeはいわば“炎上上等”の世界。物議を醸すくらいのアクの強さが再生数を稼げる。その点、石橋のキャラはYouTubeにマッチ。若い頃の暴れっぷりを知っている世代が、『何かやらかしてくれるのではないか』と期待し、視聴している面もある」(同前)

 NHK“再デビュー”の首尾も上々。前出の放送記者は「今後も不定期出演ならあり得る。地上波再進出の端緒になるかも」と予測するが、一方でこんな声も。

「石橋は元々滑舌のいいほうではないが、『サンデースポーツ』ではかなり聞きづらい部分があった。彼の“やんちゃ芸”は若々しさあってのもの。年齢を感じさせてしまっては、やはり痛々しく映ってしまう」(前出・芸能デスク)

 捲土重来して「YouTubeのおかげでした」と言えるか、正念場。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー