昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「日本酒大好き」落語家が見つけたパック酒に入っていた「意外な成分」

抽選で5人に「健醸」6本セットをプレゼント!

PR

オルニチンを多く含む健康志向に嬉しいお酒

日本盛 健醸――私のお気に入り 2020年 秋

 全国の寄席で落語を演じ、テレビやラジオでも活躍している上方噺家の桂南光さんは、大の日本酒党。

「子どもの頃から、親父が家で晩酌しているところを見ていたし、入門後、私の大師匠である桂米朝や師匠の枝雀がそれは美味しそうに日本酒を飲んでいる姿に触れているうちに、自分も自然と日本酒が好きになりました」

 そんな南光さんが出会ったのが、今年発売となった日本盛の『健醸』。日本盛が長年の研究の末開発した、オルニチンを多く生成する酵母によって、添加ではない自然のオルニチンを豊富に含む醸造に成功した画期的な日本酒。まさに、健康志向が高まる現代にマッチしたお酒と言える。

「オルニチンといえばしじみを思い浮かべるので、初めはどんな感じなのかなと思いながら常温で飲んでみましたが、一口目からすっと入ってきて、さらっと喉を流れていき、とても飲みやすく美味かったです。もちろん、  日本酒のいい香りも楽しめます。常温のほかにも、冷やしたり、燗酒にしたり、いろいろと試してみたんですけど、私がお勧めするのは、少しだけ温めたぬる燗。風味と旨味のバランスがいいんです」

桂南光(落語家)
1951年大阪生まれ。'70年、桂小米(枝雀)に弟子入りし、べかことなる。'93年、三代目南光を襲名。『バラエティー生活笑百科』(NHK)、『大阪ほんわかテレビ』(ytb)などにレギュラー出演中。
桂南光(落語家)
1951年大阪生まれ。'70年、桂小米(枝雀)に弟子入りし、べかことなる。'93年、三代目南光を襲名。『バラエティー生活笑百科』(NHK)、『大阪ほんわかテレビ』(ytb)などにレギュラー出演中。

 コロナ禍で家飲みが増えた昨今。『健醸』は、「お酒を飲むなら美味しく、 健康的に」という左党の心強い味方となってくれるに違いない。

「これからの季節、好きなめんたいこやめざしをぬる燗でやりたいですね(笑)」

【読者プレゼント】
健醸900ml6本セットを5名様にプレゼント。
以下のフォームからご応募ください。
締切:2020年10月31日(土)24時

応募する

●お問い合わせ先
日本盛お客様相談室
TEL 0798-32-2590(9:00~16:30 土・日曜日・祝日は除く)
〒662-8521兵庫県西宮市用海町4番57号

〈健醸ページ〉http://www.nihonsakari.co.jp/kenjo/