昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

顔をぶたれ、足を蹴られ、彼女の体はアザだらけ……伊勢谷友介、サディスティックな“裏の顔”

source : 週刊文春 2013年10月10日号

genre : ニュース, 社会, 芸能

 俳優の伊勢谷友介(44)が大麻取締法違反の疑いで9月8日、警視庁に逮捕された。個性派俳優としての顔のほかに実業家としての一面も持つ多才な男は、有名女優とたびたび浮名を流してきた。

 そんな伊勢谷の“危険な日常”を報じた「週刊文春」2013年10月10日号の記事を全文公開する(日付、肩書、年齢等は掲載時のまま)。

◆ ◆ ◆

たびたび囁かれていた伊勢谷の“裏の顔”

「交際は順調そのもの。8月に入ってからも目黒川沿いを手をつないで歩いていたり、ダイエーで一緒に夕飯の食材を買っていたり、街中で堂々とイチャつく姿が目撃されています。以前は警戒して外を出歩くことはなかったが、6月にマンションで同棲生活をはじめたあたりからは吹っ切れたようです」(芸能記者)

 結婚秒読みとも報じられる人気女優の長澤まさみ(26)とイケメン俳優の伊勢谷友介(37)。長澤は11歳上の伊勢谷に夢中だというが、彼女は伊勢谷の“本性”を知っているのだろうか――。

伊勢谷友介 ©AFLO

 身長180センチ、芸大卒のインテリで語学も堪能、さらにボランティアなどの人道活動にも精を出す伊勢谷には、およそ欠点らしい欠点は見当たらない。

 だが、伊勢谷にサディスティックな裏の顔があることは「週刊文春」2013年4月11日号で報じた通り。かつて伊勢谷と交際していた元恋人のうち、少なくとも二人の女性が、伊勢谷の度重なる暴力に悩まされていたことが取材で判明したのだ。“被害者”のひとり、タレントAさんの知人が言う。

「Aは一時期、伊勢谷との結婚を真剣に考え、親にも紹介したほど。それでも別れを選んだのは、伊勢谷の暴力に耐えかねたからだったんです。顔をぶたれ、足を蹴られ、彼女の体は年中アザだらけでした。伊勢谷が、部屋の中で逃げ惑う彼女に向けてエアガンを撃ったという話を聞いたときは、怒りを通り越して恐怖すら覚えました」

 別の元恋人でモデルのBさんも、伊勢谷の暴力から逃げるようにして芸能界を去っている。だが、当の伊勢谷は、「週刊文春」の取材から逃げ回り、最後まで疑惑に答えようとはしなかった。