昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

バズーカやロケットランチャーを手にして「これ、いいっすねぇ……」

 その伊勢谷が最近目撃されたのが、都内のサバイバルゲーム専門店。モデルガンや機関銃が所狭しと並ぶその店で、伊勢谷は本格的な“重火器”を物色していたという。

「ひと月くらい前だったでしょうか。店に展示されていたバズーカやロケットランチャーを手にして『これ、いいっすねぇ……』と、目を輝かせていたんです」(居合わせた客)

 サバゲーは合法的な大人のスポーツ。専門のフィールドでBB弾をぶっ放す分には問題はないだろう。

「芸能人の愛好家も多いのですが、伊勢谷さんも18禁の電動式のエアガンを何丁も持っている筋金入りのマニア。片手で使えるものなど、より“実戦的”なものがお好みのようです」(ショップ関係者)

長澤まさみ ©AFLO

 伊勢谷はかつて、ツイッターでファンから好きなゲームを問われた際にこう返していた。

〈戦争ごっことか、社会を破壊する様なゲームが好きです。あはははは!!!!〉

 ゲームと戦争は別物というエクスキューズは加えているが、何をか言わんや。

マネジャーはDV疑惑に「答えられません」

 今回、伊勢谷のマネジャーに、改めて一連のDV疑惑について質したが、

「答えられません」

 というのみだった。前出のAさんの知人が言う。

「伊勢谷が長澤さんと交際していることを知ったとき、悪夢の日々が蘇ってきました。Aはエアガンの的にされるという仕打ちを受けていたんですからね……」

 サバゲー用のバズーカやランチャーは、なんと弾頭一発に最大168発のBB弾を装填できるという。炸裂しないことを祈るばかりである。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の写真(14枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー