昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「半沢直樹」堺雅人も絶好調 妻・菅野美穂の次の主演作は北川悦吏子脚本!

 目下、視聴率も絶好調のドラマ「半沢直樹」(TBS系、日曜9時~)で、主役の半沢を熱演する堺雅人(46)。その妻・菅野美穂(43)の4年ぶりとなる主演ドラマが決定していたことが「週刊文春」の取材で分かった。

菅野美穂 ©時事通信社

「2児のママで、これまで子育てのために仕事を抑え目にしてきた菅野美穂ですが、久々の主演ドラマが内定しました。主演は2016年10月クールの『砂の塔~知りすぎた隣人』(TBS系)以来です。内定したのは来年1月からのクールで日テレの水曜夜10時枠。タイトルは現段階では『ウチの娘は彼氏ができない』となっています。脚本はあの北川悦吏子さんのオリジナルで、北川ドラマ常連のトヨエツ(豊川悦司)も出演します。他にも浜辺美波や沢村一樹の出演が内定しています」(日テレ関係者)

「半沢直樹」で熱演の堺雅人 ©文藝春秋

 夫婦そろって、仕事もプライベートも充実しているようだ。芸能事務所関係者が夫妻の近況を明かす。

「堺・菅野夫妻は2015年8月に第1子を、2018年12月に第2子をもうけています。時折子供連れで山手線に乗ったりもするそうです。菅野は堺が主演した2017年の映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』の撮影現場にも、フラッと小さなお子さんを連れて訪れたりする気さくなタイプで、スタッフのほうが驚いてかえって気を遣ったそう。菅野は若い頃は海外一人旅が趣味で、自分で飛行機や宿などすべてをアレンジして出かけていたし、ごく普通の、一般的な感覚を持っている人なんです」

半沢直樹と大和田常務(香川照之)につめよられる曾根崎役の佃典彦(番組公式HPより)

 スタッフやマネージャーの評判も悪くないようだ。別の芸能事務所関係者によると、

「菅野は気前が良い。例えばマネージャーも、3年くらいつくと、『これまでありがとうね』と100万円くらいするバッグや時計をポンとプレゼントする。ドラマの現場の差し入れもすごく豪華ですしね。スタッフやマネージャーで悪く言う人は見たことがない」

 9月10日(木)発売の「週刊文春」では、夫・堺が主演する「半沢直樹」について、今からこれを知ればドラマを10倍楽しめる「7つの秘密」を5ページにわたって詳報、堺の恩師が取材に応じ、傾倒する哲学者についても意外な秘話を明かしている。

この記事の全文は下記サイトで購読できます
Yahoo!ニュース

この記事の写真(5枚)

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー