昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ベトナム人コミュニティに増えた「豚を買わないか」という投稿

 実は相次ぐ事件を受け、周辺のベトナム人コミュニティが騒然としている。参加の承認が必要なフェイスブックのベトナム人のグループ内で、2カ月ほど前から「豚を買わないか」という投稿が増えたからだ。

 8月13日には、手足が伸びた一頭丸ごとの子豚の写真とともにこんな投稿が。

〈休日に入りました。早めにロースト用の豚を買ってください。送料無料です〉

 群馬県在住のベトナム人男性が語る。

「ベトナム人は骨付きの豚を丸ごと食べるのを好みます。また牛は農村出身者だと子どもの頃から散歩に慣れているし、鳴かないから盗み出しやすい」

被害に遭った牛舎

 ベトナム人が集うSNS上では、「どうりで最近、豚が丸ごと売られているわけだ」、「アイツらとっとと捕まえろ」などと同胞を疑う投稿で溢れていた。

 さらにフェイスブック上では豚のほか鶏、車、また銀行通帳や車のナンバー、車検ステッカーなど違法な品まで売買されていた。

「技能実習生として来日し、機械関係や工場、養豚業も含めた農業関係で働いていたベトナム人が、賃金が10万円程度と安いために次々と逃亡してしまう。その後、身元確認の必要がない工場などで働くも、コロナのせいで仕事を失い、多くが生活に困っている」(同前)

 前橋市内の養豚業者は、「実は盗みに入られた豚舎のいくつかにはベトナム人実習生がいた。身内を疑いの目から守るため、今、群馬県内の豚舎の間では事件について箝口令がしかれている」と声をひそめる。

 逃亡している20代のベトナム人に話を聞いた。

「1年前に北海道の実習先から逃げて工場で働いていたが、半年前からコロナのせいで仕事がない。帰りたいけど帰国の飛行機が月2便しか飛んでおらず、妊婦、病人、老人を優先的に乗せているので帰れません」

 犯行の手口がきわめて粗雑なため、警察の包囲網は狭まりつつあるようだ。

この記事の写真(7枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー