昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

「レバノンは日本の1000倍良い」…カルロス・ゴーンの「優雅な逃亡生活と」元妻の「悲痛な心境」

 日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(66)の元側近で、金融商品取引法違反罪に問われた同社元代表取締役、グレッグ・ケリー被告(64)。その初公判が同被告の誕生日でもある9月15日、東京地裁で開かれた。検察側は2人が共謀し、ゴーン被告の報酬総額を有価証券報告書に約91億円少なく記載したと主張。これに対し、ケリー被告は「共謀に関与していない」と無罪を主張した。

「ゴーン被告が昨年末、レバノンに逃亡したため、主役不在で争われる異例の裁判となります。公判は今後、隔週で週4回という頻度で開かれる予定。年内の証人尋問は司法取引を行った元秘書室長で占められ、来年2月には西川廣人前社長らも出廷する方向です。ケリー被告はゴーン被告の逃亡について『法廷で証言して欲しかった』と口にしていました」(社会部デスク)

 そのゴーン被告はレバノンへの逃亡後、高級リゾート地でスキーを満喫するなど悠々自適の生活を送ってきた。最近も知人らと会食を重ね、関西空港からの“脱出劇”を得意げに語っていたという。7月には海外メディアのインタビューで「レバノンは日本の1000倍良い」と言い放っていた。

海外メディアの取材に答えるゴーン被告 ©共同通信社

「8月4日に首都・ベイルートの港で大爆発事故が発生しましたが、ゴーン被告の邸宅は港から数キロ離れた住宅街にあり、窓ガラスが割れる程度の被害で済んだようです。事故の瞬間も山あいの別荘地に居たそうで、難を逃れました」(現地ジャーナリスト)