昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「めっちゃうるさいおばちゃんなんですよ」…「今日俺」伊藤健太郎23歳が“育ての親”と決別した理由

「7月公開の『今日から俺は!!劇場版』は興行収入が50億円を超えそうで、邦画では今年一番のヒットです」(スポーツ紙記者)

 本作のドラマ版でブレイクした伊藤健太郎(23)が転機を迎えているという。

◆◆◆

 東京都出身の伊藤は14歳でデビューし、雑誌モデルとして活躍。その後、17歳で上戸彩主演の連ドラ「昼顔」への出演を機に、俳優としても活動を始めた。

「若手では有数の実力派です。2019年度後期の朝ドラ『スカーレット』では戸田恵梨香演じるヒロインの息子で白血病を患う役を熱演。現在、『今日俺』など出演映画が4本公開中で、5社のテレビCMに起用されています」(同前)

「今日俺」でヤンキーの伊藤役を熱演

“育ての親”ともいえるある女性の存在

 今年1月には女優の山本舞香(22)との同棲愛を「FLASH」に報じられ、将来の夢はハリウッドという伊藤。実は、彼の活躍の陰には、“育ての親”ともいえる女性の存在があった。

「現在40歳前後の女性Aさんは、伊藤君が18歳の頃からマネージャーを務めていました」(事務所関係者)

 小さなモデル事務所だったが、Aさんは伊藤を、

「2枚目ではなくて、2.7枚目です!」

 と売りこみ、ドラマや映画の仕事を決めてきた。

「彼が成長する姿をAさんは嬉しそうに見守っていました」(同前)

 ただ、Aさんは伊藤のこんな性格を気にかけていた。