昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

 内藤も、これまで住んでいた都内のマンションを離れ、スタジオ付近で寮生活を送っている。

「ただ、素顔の内藤は、文科系とは程遠いまさに肉食系男子。渋谷や三軒茶屋のバーなどで頻繁に目撃されており、交友関係も派手だった。ライダーが決まってからは自粛をするよう事務所から随分言われていたようです」(内藤の知人)

ライダー仲間の青木瞭と一服する内藤 Ⓒ文藝春秋 撮影・細田忠

出会いはユーチューバーの飲み会 

 肉食系の血が騒ぐのだろうか、撮影が早くおわった日やオフの日は仲間の仮面ライダー俳優と共に繁華街に買い物に繰り出した後、パチンコ、スロットに出動。タバコをスパスパと吸い続ける様子も見られた。

 少し羽を伸ばしていたそんな日の夜、内藤が決まって向かうのは、渋谷区内にある、かすが住む高級マンションだ。

仕事を終え、かすの自宅マンションへ急ぐ内藤(9月中旬) Ⓒ文藝春秋 撮影・細田忠

「かすちゃんは登録者数100万人を超える人気ユーチューバーで、若者のカリスマ的存在です。ダンス動画やメイク動画の人気が高く、美人すぎるユーチューバーとも言われています。内藤くんとかすちゃんとは、もともとは、あるユーチューバーの飲み会で知り合い、1年以上前から交際しています。

8月下旬、買い物を終えて帰宅するかす Ⓒ文藝春秋 

おそろいの帽子で“匂わせ行為”も

 今でこそ警戒して外でのデートは控えていますが、内藤くんがライダーに決まるまでは、頻繁に2人で出歩きファンにも目撃されている。2人のSNSでは、おそろいの黒い帽子をそれぞれ被り、同タイミングで書き込みをアップする“匂わせ行為”も見られました。また内藤くんのLINEのアイコンがかすちゃんの飼っている猫の写真だった時もあります」(同前)

おそろいの黒い帽子をかぶるかす かすのInstagramより
おそろいの黒い帽子をかぶる内藤 内藤のInstagramより

 取材班は内藤がかすのマンションの部屋へ入った後、かすの鍵を持ち、服を着替えて再び出てきて、近所のコンビニへ買い出しに行く内藤の姿も確認している。

「翌日の朝に撮影が控えている日でも、内藤は終電を過ぎた後でもかすちゃんの家に残ることが多々あります。深夜や明け方タクシーで寮に帰るのですが、彼女の家から大泉学園までは料金が1万5千円以上かかってしまう。駆け出しの役者の給料ではとても払えない額ですけど、かすちゃんが代わりに払ってあげているそうです」(同前)

かすの部屋のかぎを左手に持ち、コンビニに買い出しにでかける内藤 ©文藝春秋 撮影・五十嵐寿

 のちにスターに“変身”することになる俳優を次々育ててきた「仮面ライダーシリーズ」。新ライダー役の若手俳優を支える恋の相手がユーチューバーというのも、令和ならでは、といえるのではないか。

 現在、内藤はマネジャーと東映スタジオ付近にある寮で暮らしている。9月17日、買い物をするため寮を出てきた内藤を、帰りがけに直撃し、話を聞いた。