昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

「3位はBクラスと一緒」で楽天・三木肇監督も退任? 石井一久GMの“恐怖政治”

 9月18日、首位ソフトバンクに負けて自力優勝が消滅し、2位ロッテにも6.5ゲーム差をつけられた楽天。お膝元・仙台の杜から「三木(肇)監督はクビでしょ! そうしないと筋が通らない」という怒りの声が聞こえてきた。

 いったい何故か。

「去年、就任1年目ながらチームを3位に引き上げた平石洋介監督を、石井一久GMは『3位はBクラスと一緒』と言ってクビにしましたからね。平石は球団史上初の生え抜き監督で人気が高かったのに理不尽な仕打ちでした」(ベテラン記者)

 その後任はGMのヤクルト時代の“お友達”三木監督。ファンは「GMがやりやすいようにしただけだ」とブーイングだったという。

三木監督の就任会見で笑顔を見せる石井GM(左) ©共同通信社

 おまけに選手会長も務めた“楽天の顔”嶋基宏を、事実上の戦力外扱いにして放出する“事件”も起きた。そこにはこんな背景が。

「楽天では現場の采配に三木谷浩史オーナーの“天の声”が影響するのは有名だが、嶋が『あまり野球のことに口を出さないで欲しい』と話していたのがオーナーの耳に入り、寵愛を失ったとか。ナインは、嶋ほどの選手のプライドすら考慮してくれないんだと、暗い気持ちになっていた」(同前)

 不穏な空気の中で今季は開幕したが、序盤は好調だったため、「ファンも『まあ、いいんじゃない』という感じで不満は表面化しませんでした」(同前)