昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「進さんは、もう大変な可愛がりようで、友美ちゃんの手を引いて散歩したり公園で遊んだり。幼稚園に上がってからは、雪の日も進さんが車で送り迎えしていました」(近隣住民)

友美さん(Facebookより)

 友美さんの3つ下に妹も生まれ、3世代6人で暮らしていた。ところが――。

「息子さんの奥さんが土地と合わず、息子さん家族4人が市の中心部に移り住んだんです。約10年前、友美ちゃんが小学校に上がるくらいのことでした」(同前)

祖父のもとに“避難”してきたのに……

 今春、進の妻が認知症と脳梗塞を患って入院。独り身の祖父のもとに“避難”してきたのが愛孫だった。

「両親がケンカばっかりしていて、それを見ているのが嫌になったの」

 友美さんは祖父と同居を始めた理由を、周囲にそう打ち明けている。

 教員になる夢を持っていた友美さん。引っ越しと同時にバイト先のドラッグストアを辞め、祖父宅から自転車で1時間かけて私立高校の進学コースに通っていた。

 祖父を頼った友美さんが、あまりにも浮かばれない。

※その後、福井地検は、冨澤進容疑者の刑事責任能力の有無を調べるため、約2ヶ月の鑑定留置を決めた。

この記事の写真(3枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー