昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《セクハラ告発》志村どうぶつ園プロデューサーが「わいせつ写真」送信! 日テレは「公表しておりません」

《志村どうぶつ園終わっちゃうのね 白井家ひっそりと終了》

《志村どうぶつ園次の放送で最終回です…もう…白井一家見れなくなっちゃうんですね》

 9月19日、「天才!志村どうぶつ園」(日本テレビ系)で「16年半ありがとう 志村どうぶつ園最終回スペシャル第一弾!」が放送されると、SNSにはこんな書き込みが溢れた。

2004年、日本テレビバラエティー番組「天才!志村どうぶつ園」出演者の(前列左から)相葉雅紀、チンパンジーのパンくん、志村けん、山瀬まみ、(後列左から)モンキッキー、MEGUMI、坂下千里子 ©時事通信

数々のトラブルを抱えていた白井家

「天才!志村どうぶつ園」がスタートしたのは2004年。園長役を志村けん(享年70)が、飼育係役を嵐の相葉雅紀(37)が務め、2012年には「保護者が子どもに見せたい番組」(日本PTA全国協議会)で2位に選ばれたこともある人気長寿番組だ。しかし3月29日に志村けんが新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなったこともあり、9月26日で最終回を迎えることとなった。

 白井家は「志村どうぶつ園」の人気コーナーだった。白井家は約40匹の保護された動物たちと暮らす6人家族で、彼らの忙しくも楽しそうな共同生活は多くの視聴者の注目を集めていた。しかし、その裏で不適切飼育や近隣トラブルなどを抱えていたことが発覚。文春オンラインでは、過去6本に渡ってその実態を詳報している。

2019年2月26日白井家Twitterより

白井家だけでなく……黙殺されているセクハラ被害

「一時、白井家は毎週のように番組に登場するほどの人気コーナーでした。それゆえに、日本テレビはトラブルが報じられてもコーナーを存続していました。しかし次から次へと新事実が飛び出してきて、ついに無視できなくなり、白井家の登場頻度は徐々に減っていきました。そして、『《志村どうぶつ園「白井家」に行政指導》愛馬ラスティの「放牧場」は所有者に無断使用の農地だった』が今年2月に報じられた後、ついに白井家は番組から姿を消しました。

 白井家に関する記事が出てから今に至るまで、番組は白井家のトラブルに関する見解をまったく公表していません。動物愛護を標榜する番組で、ヤギへの落書き愛馬の違法解体が行われていたことは重大な問題です。しかし最終回スペシャルを見ていると、白井家の存在自体をなかったものとして、このまま“黙殺”するつもりなのかも知れません」(日本テレビ関係者)

 10月からは相葉がMCを務める新番組「I LOVE みんなのどうぶつ園」が放送予定だ。しかし、黙殺されているのは白井家のトラブルだけではない。実は、同番組の制作現場で起きたセクハラ被害も“なかったこと”にされようとしているのだ――。

 被害女性の友人Aさんが明かす。