昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

命にかかわらない「がん」もある 発見してマイナスも

genre : ライフ, 医療

命にかかわらない「がん」もある 発見してマイナスも

 命や生活にかかわらないようながんを早期に発見する「過剰診断」が、国レベルで進んでしまったのが、お隣の国、韓国です。

命にかかわらない「がん」もある 発見してマイナスも

 韓国では、1999年から始まった国主導のがん検診で、乳がん検診のオプションとして、甲状腺がん検診も受けられることになりました。すると、甲状腺がんの発見が急増し、およそ20年で患者数が15倍にまで増え、2012年には、女性のがんの約3分の1が甲状腺がんとなりました。

 一方で、甲状腺がんによる死亡率は、全く下がりませんでした。もともと、このがんで命を落とすことが、極めてまれだからです。

 そこで14年ごろから、科学者が甲状腺がんの過剰診断に対して警鐘を鳴らし、マスコミも大きく取りあげました。「アンチ過剰診断」とも言えるキャンペーンが展開された結果、甲状腺がん検診の受診者数はピーク時から半減し、発見数も激減しています。ジェットコースターのようなアップダウンです。

かつて韓国の甲状腺がん患者は急増した(オレンジの線) 命にかかわらない「がん」もある 発見してマイナスも

福島県の甲状腺がん検査では

 日本でも同じような「過剰診断」の例があります。福島県の甲状腺がん検査です。

 20年現在、福島第一原発の事故から9年がたちました。1986年に起きたチェルノブイリ原発事故と比べ、住民の被曝(ひばく) 量が少なかったのは不幸中の幸いでした。

 チェルノブイリの事故後、約7000人の子どもに甲状腺がんが見つかったことから、福島県でも、2011年の事故当時18歳以下だったすべての県民に、甲状腺検査を行ってきました。その結果、小児甲状腺がんとその疑いがあるケースは、200人を超えることがわかりました。これについて、「チェルノブイリと同じことが福島でも起きている」といった報道も一部で見られましたが、誤解です。県民健康調査検討委員会も、国際原子力機関や国連科学委員会といった国際機関も、「小児甲状腺がんの多発と放射線被曝の関連は認められない」と報告しています。

ほとんどの高齢者にあるがん

 すべてのがんが、放置すればどんどん大きくなって命を奪う病気というわけではありません。とくに甲状腺がんは、微小なものまで含めると、ほとんどの高齢者にあると言われています。また、甲状腺がんは、がんのなかでも特殊なタイプで、若年者や子どもにも珍しくありません。チェルノブイリと比べて被曝量がはるかに低い福島で甲状腺がんが「多発」しているのは、もともと子どもたちにあった「無害な」甲状腺がんを、精密な検査によって発見しているにすぎません。がんが増えているのではなく、「発見」だけが増えているのです。同じ検査を東京で実施しても、福島と同じような比率で甲状腺がんが発見されるはずです。