昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「会った3日後に、ありがとうと言って…」三浦春馬と末期がん女性との交流秘話

 7月18日に亡くなった三浦春馬(享年30)の、取材先との知られざる交流秘話が「週刊文春」の取材で明らかになった。三浦が雑誌『プラスアクト』の連載「日本製」(連載をまとめた単行本『日本製』が今年4月に刊行)の取材で広島の原爆被害の“語り部”、梶矢文昭さん(81)のもとを訪れたのは2017年3月13日。

 梶矢さんは2013年の冬に、妻・輝實さんと夫婦で映画『永遠の0』を見て以来、三浦のファンだったという。

三浦春馬 ©︎文藝春秋

 その三浦が、雑誌の取材で自宅に来る――末期がんで入院中の妻にそう告げると「うちゃあ死んでもええけえ、会いたい」と答えが返ってきた。梶矢さんはすぐに出版社の担当者に連絡し、妻の同席を許可してもらったという。当時、輝實さんの乳がんは手の施しようがなく、病院を転々とした末に緩和センターに引き取られていた。

 三浦は梶矢さん宅を訪れると、すぐに床の間の前に正座し、一時帰宅した輝實さんの手を取った。車椅子に座り、鼻からチューブで酸素を吸入する輝實さんは、目を見開き、声を振り絞った。