昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

コロナが詐欺師たちの追い風に……

 新型コロナウイルスの感染拡大も、詐欺師たちには追い風になっている。自宅で巣籠りする高齢者が増えたことで、詐欺の電話をかけても留守で空振りする回数が減るからだ。

「アポ電で終わるのではなく、偽調査で得られたいわばウラの国勢調査結果が、振り込め詐欺に使われる可能性も高い」(捜査関係者)

総務省はオンラインでの回答を勧めるが…… ©共同通信社

 実際、ある暴力団関係者はこう話す。

「詐欺に欠かせない道具の中に『騙すための会話マニュアル』と『電話番号のリスト』があるが、リストは単に電話帳から個人の番号を抜き出したものから、高額の布団を買った顧客の情報が並ぶ“カモリスト”までピンキリ。しかし、偽の国勢調査員の調査にホイホイ応じ、マイナンバーから口座番号まであるリストとなれば、騙される確率も高くなるし、かなり高額で売れるはず。もちろん、偽調査のマニュアルもすでに出回っているだろう」

 国勢調査の回答期限はネット、郵送ともに10月7日だったが、武田良太総務相も低調な回答率に懸念を示す。このままでは、ウラの国勢調査結果の方が充実した内容、ということにもなりかねない。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー