昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載完全版ドキュメント・北九州監禁連続殺人事件

松永・緒方の逮捕から1年……記者から8つの質問「発覚1年を迎えた心境は?」

完全版ドキュメント・北九州監禁連続殺人事件 #29

2020/10/20

genre : ニュース, 社会

5(緒方に対する気持ち)

「『体に気をつけて』。もうひとつは『やけにならずに、頑張ってもらいたい』」

6(2人の子どもに対する思い)

「子どものことは大切に思っていて、認知したいという気持ちは弁護士にも前から話していた。子どもに対してはですね、結局、本人の表現によると、『身が朽ち果てるまで、やってないことはやってないと積極的に伝えていきたい』と。それは親族に対してもそういう気持ちだそうです」

7(少女と同居の理由、気持ち)

「同居はしていない。直近は(少女は4人の子どもが保護された)『泉台マンション』(仮名)で子守りをしていた、と。中学時代は『東篠崎マンション』(仮名)にいた。(犯行現場の)『片野マンション』(仮名)では同居はしていない。少女に対しては、少女供述が必ずしも本当かどうかについては、警察と検察でも見方が違う。松永さんは、『少女の話は事実と異なるところがある』と。たとえば花奈ちゃん殺害についても、少女には『嘘をつかないで、裁判で本当のことを言ってほしい』と」

8(事件の動機)

「そもそも動機はない」

(写真はイメージ) ©️iStock.com

松永弁護団の質疑応答「具体的な状況もない」

 事前に送られた質問に対する回答は以上だ。続いて記者との質疑応答が行われた。記者をQ、弁護士をAとしてその一部を抜粋する。

Q「この1週間の調べの状況は?」

A「智恵子殺害について、あまり調べはされていない。新聞報道では“邪魔だったから殺した”とかで、“松永が緒方に指示、緒方が隆也に指示、隆也が実行した”というような構図らしいが、清美さん(少女)の証言によると、純子さんはとにかく『片野マンション』では『(殺害の)話し合いはしていない』と言っているようだし、松永さんについても『犯行当時、寝ていた』とも言っているようです。また、純子さんは『東篠崎マンション』から『片野マンション』に行って、純子さんと隆也さんが話し合って殺した、という話もある。わかりませんけどね。取り調べでは、『お前(松永)は寝ていなかったろう。隣で聞いていただろう』という追及を受けています。また、松永さんは『言うことを聞かないとブチ殺すぞ、言うことを聞かないとしまえるぞ(お終いになるぞ)』という言葉は言ったことあるが、実際に殺すという意味ではない、と。そもそも二段階の指示、なんて信じられない。しかも実行犯の隆也さんは亡くなっているわけですからね。たとえば、無罪になったロス疑惑の三浦和義事件。共謀と関係していないとなって、具体的な状況もない、と。これと同じようなことが本件でもいえる。しかも、少女も現場にいなかったし、純子さんの供述だけです」