昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載完全版ドキュメント・北九州監禁連続殺人事件

松永・緒方の逮捕から1年……記者から8つの質問「発覚1年を迎えた心境は?」

完全版ドキュメント・北九州監禁連続殺人事件 #29

2020/10/20

genre : ニュース, 社会

Q「智恵子さん事件で、拘置理由開示請求はしますか?」

A「やるかもしれないし、やらないかもしれない」

「本人は『自分は詐欺だ』と、プライドを持って言っている」

Q「松永被告の現在の健康状態は?」

A「とりたててなにも。痩せたとかはありません。よく眠れている。そんなに健康を損なっているとかはありません」

Q「取り調べ以外の時間はなにを?」

A「取り調べがない時間はないんじゃないでしょうか。取り調べの内容について、本人に書いてもらっています。調書の中身も書いてもらっています。調書は全部で80数通くらいです」

Q「すでに認める意向を示した、最初の3件の監禁致傷事件の動機は?」

A「目的なんてないんじゃないですか。やってることがたまたま監禁になったのか、詳しくはわかりません。ただ、逃亡生活をしている最中なので、ひとつには、ある程度の生活の規律的なものでは……」

Q「これまでの起訴事実で、認める方針の監禁致傷罪を見ていると、詐欺でカネを受け取ったり、少女に対する傷害などで接見して、悪い印象を受けたりとかはありませんか? 先生方の話だと、松永被告はなにか真面目で素朴な人間像にしか聞こえないのですが」

©️iStock.com

A「べつに真面目、だとかは思いませんよ。かといって殺人の疑いがあるとも思えない。本人は、“自分は詐欺だ”と、プライドを持って言ってますよ。だからって、保険金殺人とか、人を殺してまでおカネをとるとか、そういうのはしない、と……」

 こうした話を聞けば聞くほど、松永という人間がわからなくなっていく。物語を饒舌に語る彼には嘘をついているとの自覚はなく、本当にそのように記憶しているのではないか、という気にさせられてしまうのだ。

この記事の写真(5枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー