昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

全国で約1万人の被害者…「ジャパンライフ」に関与した“元朝日新聞政治部長”に直撃取材60分

「私はジャパンライフの顧問になってくれとは一度も頼まれたことがないんですね。日本文化協会の代表理事になってくれということを頼まれたわけで」

「週刊文春」記者にそう話すのは、朝日新聞元政治部長で、ジャパンライフ株式会社の顧問を2013年から17年まで務めた橘優氏だ。

◆◆◆

 社会部デスクの解説。

「9月18日、マルチ商法によって顧客に嘘の説明をして現金をだまし取ったとして、ジャパンライフの山口隆祥元会長(78)ら幹部14人が警視庁に逮捕された。全国で約1万人の被害者がおり、被害総額は2100億円に上ります」

 山口容疑者は2015年の「桜を見る会」に招待されていたことが問題に。

「昨年の臨時国会では、桜を見る会への山口元会長の招待について、安倍前首相の推薦枠だったのではないかと野党が追及した。安倍氏は『個人的関係は一切ない』と述べたが、誰が推薦したかは未だに明らかになっていません」(政治部記者)

昨年4月、家宅捜索を受けた際の山口元会長

 その招待に関わったのでは? と囁かれているのが、朝日政治部時代に加藤紘一元官房長官に深く食い込み、政界に知己も多い橘氏だ。ジャパンライフ関係者が明かす。

「橘氏は一般社団法人・日本文化協会の代表理事を務めていますが、協会のスポンサーであり理事も務める山口会長に自分の部屋が欲しいと言い出して、ジャパンライフからカネが出たと聞いている。また、ジャパンライフから(顧問の)報酬も2カ月ごとに120万ほど支払われていた。橘氏の協会での業務といっても、定款の草案作成などで、大した実態はありません」

 9月21日、「週刊文春」記者の取材に、橘氏は電話で60分にわたって反論した。