昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「顧問料5年で約3000万円」に対する回答は?

――桜を見る会について官邸側に働きかけた?

「私は安倍さんをよく存じ上げないし、桜を見る会の招待状については全く関知していません」

――日本文化協会の部屋を欲しいとお願いした?

「部屋が欲しいと申し上げたことはないし、現に私はそこ(文化協会)の部屋を使ったことはほとんどない」

――2カ月に一度、120万円ほど報酬の支払いがあったそうだが。

「額はこれまでもお答えできないと言っているので、私からは申し上げない」

経営破綻が明るみに出た際の2017年の文書/山口元会長の自宅に入る捜査員(昨年4月)

――顧問料が5年で約3000万円だったと言われている。

「そういったことは全て弁護士の方に任せている」

――返金はしない?

「弁護士が言うには、報酬は一切返す必要がないと」

――詐欺の被害者の方々から損害賠償を求めて訴訟を起こされているが?

「私はジャパンライフの業務には一切関わっていないし、山口さんがどういうことをやっていたかも一切関知していない。磁気による治療器を販売していると理解していました。私の顔が(チラシなどに)出ていたからって宣伝効果があったとは思えないっていうのが私の立場です」

 ただ、約1万人の被害者の中には虎の子の老後資金を失った人も少なくない。彼らの前でも橘氏は同じ言葉を言えるのだろうか。

この記事の写真(2枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー