昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

三浦春馬は「弟みたいな存在でした」山田親太朗が悔やんでいること

「かわいい、弟みたいな存在でした」

 三浦春馬(享年30)が長年親交を深めていた友人の1人、タレントの山田親太朗(34)が、「週刊文春」取材班の依頼に応じ、三浦の逝去後初めて、インタビューに答えた。

三浦春馬さん ©文藝春秋

 山田と三浦は同じジムに通っていたが、三浦は舞台が近づくと、ウェイトトレーニングを取り入れ、多い時で週に3回、長い時は3時間もメニューをこなした。

山田親太朗(事務所提供)

「春馬は頑張り屋なので一時期は身体がバッキバキになって、理想の筋肉美としてジムに写真を飾られた事もあったくらい。みんなストイックですけど、春馬は特にそうだった。求められたこと以上のものを返すというか。ジムでも、飽きないのかなっていうくらい、いつも練習していましたね」

 コロナ禍のなかで、会う機会は減っていたが、 

「この5月か6月に友だち4人でZoom飲みをした時、春馬は(引っ越した)新しい部屋の防音室や家の中を『見て見て!』って嬉しそうに画面を通じてぐるっと見せてくれたんです」

©文藝春秋

 山田は、友人たちに順番に地元の沖縄そばを送っていた。三浦に送ってあげられなかったことを今も悔やんでいる。

「『春馬にも送ってあげるよ』って住所ももらってたのに、その後、工場がストップしちゃって。それを春馬に言いそびれて。もしかしたら待っていたんじゃないかな、とか。小さなことですけど、約束を、守れなかったなって……」

 10月8日(木)発売の「週刊文春」で、山田は三浦の「相談相手」の存在や、日頃の三浦の優しさ溢れる言動、10年ほど前にみんなで旅行に行った際のエピソードなどを約90分にわたって語っている。

この記事の全文は下記サイトで購読できます
Yahoo!ニュース

この記事の写真(17枚)

+全表示

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー