昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

2020/10/15

株式投資、不動産取引……清田氏の資産運用

 その後、大和総研理事長などを経て、15年にJPXのCEOに就任。だが18年に東証上場のインフラファンド2銘柄に約1億5000万円を投資し、約2000万円の利益を上げていたことが発覚した。JPXのトップは様々な未公開情報に接する立場。株式投資は禁止されていたが、「引退後の人生設計を含め、長期的な資産運用の一環で購入した。規則を誤解していた」と釈明し、CEOを続投した。

謝罪会見には現れなかった清田CEO ©共同通信社

 実はこの間、清田氏は巨額の不動産取引も行っている。渋谷区に建つ高級マンションの一室(約186平米)を05年に購入する一方で、17年6月に4億5000万円ものローンを組んで、港区の一等地に建つ超高級マンションの一室(約164平米)を購入。ところがこの一室を、今年9月11日に福井県の合同会社に売却しているのだ。価格は7億円を超える可能性が高く、この不動産取引で、清田氏は相応の利益を得たと見られる。

 清田氏に尋ねたところ、

「プライベートに関わるご質問につき、コメントは控えさせていただきます」

 今回のシステム障害で2兆円を超える取引機会が失われたという。だが、自身の「引退後の人生設計」だけは抜かりがないようだ。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー