昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

香川照之、片岡愛之助……歌舞伎役者がビジネス系ドラマに続々 “スーツ歌舞伎”がウケる理由

 最終回を32.7%という令和ドラマ最高視聴率で締めた「半沢直樹」(TBS)。半沢を演じた堺雅人(46)に劣らず注目を集めたのが“歌舞伎三人衆”だ。

「前作に引き続き登板した香川照之(54)、片岡愛之助(48)に加え、新顔の市川猿之助(44)も従兄の香川に劣らぬ“顔芸”演技を披露、高視聴率の一翼を担った」(テレビ誌記者)

 10月1日、お茶の間が“顔芸ロス”に陥るのを見越したかのように、1本の単発ドラマが放送された。「刑事アフター5」(テレ朝)。主演はやはり歌舞伎役者の尾上菊之助(43)だ。これがドラマ初主演となる。

菊之助の妻は中村吉右衛門の四女 ©共同通信社

「単発の刑事ドラマを作り評判次第でレギュラー化、という流れは『相棒』以来続くテレ朝得意の手法。今回は“アフター5には趣味でタンゴを踊る刑事”というかなり角度をつけた設定だが、菊之助は端正な演技の中にも、部下に訓示をする場面では睨みを利かせ、ときに流し目をくれるという歌舞伎役者らしい見せ場をつくった」(同前)

 菊之助といえば父親は音羽屋の当代にして人間国宝の七代目尾上菊五郎、母は富司純子、姉は寺島しのぶ。市川海老蔵と共に令和の歌舞伎界をしょって立つ存在だ。2018年に「下町ロケット」(TBS)、19年には「グランメゾン東京」(同)に出演と、近年“課外活動”を活発化させていった菊之助。そして今回、単発とはいえついに主演を張るに至った背景を、演劇関係者の一人が解説する。