昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

メンタル不調で受診、「精神科」と「心療内科」、「メンタルクリニック」、どう違う?

genre : ライフ, 医療

メンタル不調で受診、「精神科」と「心療内科」、「メンタルクリニック」、どう違う?

 45歳の証券会社課長の稲沢太郎さん(仮名)は、3週間くらい前から午前4時ごろに目覚めて、その後眠れない「早朝覚醒」が続いています。そのうえ気分が落ち込み、仕事への意欲も低下しています。かかりつけの内科クリニックを受診しましたが、からだの病気はありません。心配した妻は「うつ病かもしれないので、専門医を受診したらどうか」と勧めたのです。

 受診先を調べるため2人でネット検索をしたら、「精神科」 や「心療内科」、「メンタルクリニック」などの診療科名が出てきます。精神科と心療内科はどう違うのか。メンタルクリニックと精神科は? どの診療科を受診したらよいのか悩んでいます。会社の精神科産業医である、私の所に相談に来ました。

イラスト 赤田咲子

イラスト 赤田咲子

心療内科は、体の病気を心からも診る内科

私   :どこを受診したらよいかという相談ですね?

稲沢さん:そうです。ネットで探していますが、心療内科と精神科ってどう違うのですか?

私   :実は、難しい質問ですよ。医学と臨床に分けて説明しないと、わかりにくいでしょう。

稲沢さん:えっ、そういう難しい話なんですか?

私   :そうです。まず、医学の点から説明します。精神科を標榜(ひょうぼう)する医師を精神科医と言います。うつ病やパニック障害など心や精神を診て、対応する医師です。

稲沢さん:わかります。

私   :心療内科を標榜する医師は本来内科医です。体の病気の発症や慢性化にストレスが影響する病気を「心身症」と呼びます。例えば慢性気管支ぜんそくもそのひとつで、体と心の両面から対応するのです。心身症を取り扱うのが心療内科医です。

稲沢さん:ぜんそくというと体の病気のイメージですね。

私   :そうですが、ストレスの影響も大きいです。

稲沢さん:そうなると、うつ病とか心の病気の診断治療は精神科ですね。

私   :医学では、その通りです。

精神科医が「心療内科」の看板を掲げる場合も

稲沢さん:臨床の場では、違うのですか?