昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

特集文春マルシェ

パンの実力を引き出す“幻のバター”と、熱々ご飯にコンビーフをのっけた“最高級のTKG”

文春マルシェ「美味随筆」〜お取り寄せの愉しみ#4 バターとコンビーフ〜

2020/10/11

 食は人の営みを支えるものであり、文化であり、そして何よりも歓びに満ちたものです。そこで食の達人に、「お取り寄せ」をテーマに、その愉しみや商品との出会いについて、綴っていただきました。第4回はアートディレクターの秋山具義さんです。

◆ ◆ ◆

 幻のバターと呼ばれている「なかほら牧場 ピュアグラスフェッドバター」は、パッケージデザインが可愛くて、とてもセンスが良いけど、本当に美味しいの? と思っていました。ぼくは自分がデザイナーをやっているくせに、食品のパッケージデザインに対しては、良さげに見せてごまかそうとしても騙されないぞ! という風に、変に身構えてしまうのです。それと、2年前にバターコーヒーダイエットというのが流行った時に、ネットでグラスフェッドバターを買ったのですが、なんか後味が悪くて、グラスフェッドバターそのものに良い印象がなかったということもあります。

なかほら牧場 ピュアグラスフェッドバター

 届いてすぐに、トーストにたっぷり塗って食べました。食塩不使用だけど、どうなんだろうと一口食べたら、なんとも芳醇な香りで美味しい~。食パン自体も、近所の美味しいパン屋さんのものではあるものの、そのパンの実力以上に美味しく感じました。このバターがパンの旨味を引き出しているんでしょうね。かなり前ですが、京都の老舗旅館に泊まったときに、朝食は和食と洋食が選べたので、洋食にしたときに出てきたトーストが、ものすごく美味しかったのですが、その香りと味が蘇りました。

 家にお客さんが来たときに、バターのことは何も言わずに焼き立てのパンに塗って出したらビックリするんじゃないかなぁ。

なかほら牧場 ピュアグラスフェッドバター

 パンだけでなく、ご飯にも合いますね。とうもろこしご飯にこのバターをのっけてご飯の温かさで溶けたところを口の中に入れたときの至福感ったらすごかったです。