昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「私の勘違い」と高嶋ちさ子に号泣謝罪……華原朋美がなぜかベビーシッターに“逆恨み”した一言

〈高嶋ちさ子さんへの謝罪と、(プロダクション尾木の)尾木社長への謝罪をしたいと思います〉

 突然公開され、しかも謝罪に至る経緯が全く語られていない28秒の動画が、様々な憶測を呼んでいる。

◆◆◆

 今年8月末にプロダクション尾木との契約が解除された歌手の華原朋美(46)が、自身のYouTube番組で“謝罪動画”を公開したのは9月23日のこと。

〈私の勘違いであり、そして虐待ではありませんでした。そのことについて物凄く反省しております。大変申し訳ございませんでした〉

 華原は涙ながらにそう語ると、深々と頭を下げた。

華原朋美

 一連のトラブルは友人のバイオリニスト・高嶋ちさ子(52)にベビーシッターを紹介されたことに始まる。

「華原が、現在1歳になる息子をシッターに虐待されたという主張を始めたのです」(芸能デスク)

 9月11日発売の「フライデー」に、華原は「高嶋さんのことは信頼していただけに、ショックです」と語り、シッターに逆さ吊りにされている息子が映った室内カメラの映像を提供。

 さらに華原は9月17日発売の「週刊文春」の取材に「(映像を)きちんと何度も見た」と話し、虐待を訴えた。