昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

元欅坂46・長濱ねる「空白の1年」の真実 人気バンドボーカルと「結婚前提の真剣交際」、そして……

突然のグループ卒業から1年で芸能界復帰。彼女に何が起きたのか?

井上竜馬Twitterより

 プライベートでは井上との交際が順調に進む一方、グループでは長濱の孤立は深まっていった。志田は新潟旅行の直後に活動を休止し、2018年11月16日に卒業。その直前の11月4日には“いじめファイブ”の標的になっていた今泉も卒業し、矛先は長濱に集中していくことに。

黒い羊での「謎の3列目事件」

 長濱にとっては志田の紹介から実現した井上との交際が、唯一の心の支えだったようだ。しかし2019年を迎えた頃には、2人の交際は運営の知るところとなってしまう。そして2019年2月27日発売の欅坂の8枚目のシングル「黒い羊」で、“事件”は起きた。

 長濱が、前からはほとんど見えない「3列目」に配置されたのだ。これがファンの間でも語り草になっている、「謎の3列目事件」である。

8枚目のシングル「黒い羊」

「長濱はそれまで常にフロントで、“裏センター”と呼ばれる平手の真後ろの重要なポジションを任せられることも数多くありました。なので、彼女が欅坂で平手に次ぐナンバー2だというのは、グループ内外での共通認識でした。それが唐突に3列目に“格下げ”されたのですから、ファンも現場もざわついていました。『秋元さんの機嫌を損ねたのではないか』というような憶測も飛び交っていましたが……」(スポーツ紙記者)

「別れるか、卒業するか」

 そして「黒い羊」発売直後の3月7日、ついに長濱は公式ブログでグループからの卒業を発表。「3列目事件」の真相は明らかにされないまま、長濱はグループを去ったのだった。だがその背後では、井上との交際を巡って長濱と運営との間で熾烈な駆け引きが行われていた。

「井上さんとの交際を知った運営が、長濱さんに『別れるか、卒業するかどちらかを選べ』と迫ったのだそうです。平手さんの精神状態が不安定な中で、長濱さんの人気は欅坂の生命線だったはず。とはいえ男性問題がきっかけで志田さんが卒業した後だけに、長濱さんの交際を黙認することはできなかったのでしょう。

 ただ、運営は長濱さんがまさか卒業を選ぶとは考えていなかったはず。長濱さんの、一度こうと決めたらテコでも動かない頑固な性格を、運営は見くびっていたのかも知れません」(A氏)

長濱ねると長沢菜々香のツーショット(長沢のブログ2019年7月31日より)

 そして卒業を選んだ長濱は、2019年7月30日の卒業イベント「ありがとうをめいっぱい伝える日」、翌31日のラジオ「長濱ねるのオールナイトニッポン」を最後に活動を休止。復帰の可能性や時期については全くの未定だった。