昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

元欅坂46・長濱ねる「空白の1年」の真実 人気バンドボーカルと「結婚前提の真剣交際」、そして……

突然のグループ卒業から1年で芸能界復帰。彼女に何が起きたのか?

長濱は「タイミングがあえば結婚したい」

 芸能界を離れた長濱は井上と都内で同棲生活を送り、夢である図書館司書になる勉強をするために4月からは大学へも通い始めるなど、新たな生活をスタートさせていた。“恋する乙女”だったその頃の長濱は、なんとも幸せそうだったとA氏はいう。

「欅坂と天秤にかけてまで井上さんを選んだわけですからね。長濱さんは周囲にも『タイミングがあえば結婚したい』と話すほどの真剣モードでした。さらに、2人が付き合いはじめた頃からSHE'Sの人気も上がり、全てが順風満帆に見えた。ですが、若い2人に何があったのか、今年の5、6月には別れてしまったようなんです。長濱さんは男性との交際経験もほとんどなく、同棲にかんしては初めてだったでしょうから、いろいろな局面で理想と現実にはギャップがあったのかも知れません。

長濱ねるはオフの時も常に周囲への警戒を切らさない Ⓒ文藝春秋 撮影・細田忠

 それだけに、長濱さんはいままさに失恋直後のダウナーで、あまり仕事にも身が入らないようです。見るからに井上さんとのことを未だに引きずっています」

井上竜馬 Ⓒ文藝春秋 撮影・細田忠

「プライベートなことに関しては本人に任せております」

 根強いファンを持つ長濱の芸能活動再開は、事務所にとってもテレビ番組や雑誌にとっても渡りに船。事務所が長濱との契約を継続状態にしていたことも、スムーズな芸能活動再開に貢献した。実際にオファーは殺到し、仕事はいたって順調な再スタートに見える。

 しかし、ネットに溢れている「『セブンルール』などでも以前の弾けるようなねるの笑顔が見られない」というファンの心配は、まさに的中していたようだ。本人の精神状態は回復しきっていないのだ。

カンテレ・フジテレビ系「7RULES (セブンルール)」より

 一方の井上は過去に、音楽サイト「DE COLUM」のインタビュー(2019年2月8日付)で、自身の過去の恋愛についてこう語っている。

「自分のことを好きじゃなくなった相手に、『好きでいてよ』って言っても仕方ないじゃないですか。自分が言われても『めんどくさいな』って思うし」

「(別れると)落ちこみますよ。でも、落ちこんでから『絶対に忘れてやらねえ!』って曲にします(笑)」

 SHE'Sの所属事務所「スピードスター・ミュージック」に事実関係の確認を求めたところ、「プライベートなことに関しては本人に任せておりますので、こちらから回答できることは特にございません」との回答があった。

 長濱ねるの所属事務所「Seed&Flower」からは期日までに回答はなかった。

この記事の写真(38枚)

+全表示

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー