昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「GoToトラベル」大手旅行予約サイト、人気集中で割引制限

source : 提携メディア

genre : ニュース

GoTo、割引制限相次ぐ 予約急増で給付金枠不足―大手旅行サイト

「Go To トラベル」割引適用の制限を告知する大手旅行予約サイト。「じゃらん」(左)と「楽天トラベル」=12日

 大手の旅行予約サイトで「Go To トラベル」キャンペーンの割引適用を制限する動きが相次いでいる。旅行の予約が急増し、割り引きのため政府から各サイトに割り当てられた給付金枠が不足してきたのが理由。利用者が使い慣れたサイトで予約できず、観光需要の拡大に水を差すことになりかねない状況だ。

 観光庁は割引実施のため旅行会社に配分している給付金額を公表していない。今後、枠を追加配分するが、一部のサイトへの人気集中が続けば、再び「売り切れ」が生じる恐れもある。

 キャンペーンでは旅行代金の35%分(最大1泊1万4000円)の割り引きが受けられる。10月1日から東京都発着の旅行が支援対象に追加され、予約が急増している。

 大手予約サイトの「楽天トラベル」は8日以降の新規予約について、割り引きの上限は据え置いたがキャンペーンの利用回数を1会員につき1回に制限した。本来なら何回でも利用できるはずだが、「できるだけ多くのお客さまに利用してもらうため」(広報担当者)と説明している。

 「Yahoo!トラベル」や「じゃらん」では、1人1泊当たりの割引上限額を1万4000円から3500円に引き下げた。JR東海ツアーズは、給付金枠に達したため大阪府を除く近畿圏や四国へのキャンペーンを使った旅行商品の販売を見合わせている。

 一方、JTBや近畿日本ツーリストでは、こうした制限は行っていない。新型コロナウイルスの影響で、店舗へ訪れず手軽に予約できる大手サイトに客が集中した可能性がある。

この記事の写真(1枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー