昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

好評開催中! オールタイム「もう一度やりたい!プレステゲーム」アンケート 中間発表!

抽選で10名様にAmazonギフト券をプレゼント

 好評開催中のオールタイム「もう一度やりたい!プレステゲーム」アンケート。9月30日から文春メルマガ読者を対象に募集をスタートしたところ、すでに1400票以上の投票をいただきました。今回は、現在までのトップ集団を発表いたします!

11月12日にはPS5も日本で発売される(PS5公式HPより)

※最終発表も含め、ランキングはシリーズ名ごとに発表し、コメント紹介の中で、各タイトルに寄せられたメッセージをご紹介します。

【名作 トップグループ】(※五十音順)
三國志
鉄拳
ドラゴンクエスト
信長の野望
バイオハザード
パラッパラッパー
ファイナルファンタジー
ペルソナ
メタルギア

 上位には現在テレビアニメ放送中の「ダイの大冒険」など数々の派生コンテンツを生み出した「ドラゴンクエスト」、PlayStationの黎明期から圧倒的なグラフィックで人気を博している「ファイナルファンタジー」といったRPGが食い込んでいます。

PlayStationにはじめて登場した「ファイナルファンタジーVII」のフルリメイクもはじまった

 また、「メタルギア」や「バイオハザード」などのシューティングアクション、「鉄拳」などの格闘アクションが強力なゲームも上位に。

「メタルギア」シリーズの監督を務めた小島秀夫氏 ©文藝春秋

 トップグループのすぐ後方には、「実況パワフルプロ野球」などのスポーツゲーム、「桃太郎電鉄」などのパーティーゲームも控えており、改めてそのジャンルの広さ、タイトルの多さが際立っています。

 今回の最終順位は、果たしてどうなるのでしょうか。

「グランツーリスモ」シリーズのようなレーシングゲームも上位をうかがっている ©iStock.com

 好評につき11月15日まで締め切り延長! 応募方法は簡単。下記URLにアクセスして、あなたが「もう一度やりたい!」と思う歴代PlayStationのゲームの“傑作”タイトル3作品を理由とともに教えてください。あわせて、歴代でもっとも名作だったと思うPlayStationも教えてください。

 アンケートにお答えいただいた方のなかから、抽選でAmazonギフトカード5000円分を10名様にプレゼントいたします。

 締め切りは2020年11月15日(日)24時。たくさんのご応募をお待ちしています!

応募〆切:2020年11月15日(日)24時

投票する

応募にはメールマガジンの登録が必要となります。
※編集上の都合により、締め切り日を変更する場合があります。

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
応募要項
  • 当選者の発表は、賞品の発送をもって代えさせていただきます。お届け先情報の登録がない場合、登録されたお届け先が不正確であった場合は、当選を無効とさせていただきます。なお、お届け先は国内に限らせていただきます。
  • 回答は各アンケート、ひとり1回に限らせていただきます。
  • 投稿いただいた内容の他、あらかじめ登録いただいた年齢をあわせて掲載する場合があります。
  • 個人を特定する情報については、当社のプライバシーポリシーに従って厳格に管理します。あらかじめご本人の許可を得た場合および法令に基づく場合を除き、個人が特定できる情報を外部に提供することはありません。
  • 回答いただいた内容は、誌面の都合上一部のみを使用したり、誤字脱字の修正、その他掲載に必要と思われる最小限の範囲において編集を行なう場合があります。
  • 回答いただいた内容の著作権は、文藝春秋に帰属するものとします。誌面のほか、新聞広告、交通広告等にも掲載される可能性があります。
  • 誌面掲載にあたっては、事前にお知らせしたり、内容を確認いただくことは出来ません。