昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

池袋暴走“高級官僚”初公判 なぜ母娘の“遺影持ち込み”は認められなかったのか

 昨年4月、東京・池袋で起きた暴走事故で、過失運転致死傷罪に問われた旧通産省工業技術院元院長、飯塚幸三被告(89)。その初公判が10月8日、東京地方裁判所で開かれた。

「飯塚が運転するプリウスは大破し、自転車に乗っていた松永真菜さん(31=当時)と娘の莉子ちゃん(3=同)が亡くなりました。にもかかわらず、逮捕されなかったのは元高級官僚だったからと言われ、『上級国民』と批判された。飯塚の息子は事故後、『逮捕して欲しかった』と漏らしていたそうですが、当の飯塚は車両の不具合を主張。『安全な車を開発するようメーカーの方に心掛けて頂きたい』と開き直っていました」(社会部記者)

事故で亡くなった松永さん母子

 初公判では大きな杖を携え、車椅子姿で法廷入りした飯塚被告。認否前には遺族に「深くお詫び申し上げます」と頭を下げたものの、「車に何らかの異常が起きて暴走した」と改めて無罪を主張した。

「妻子を失った夫の松永拓也さん(34)は閉廷後の会見でも『車の不具合を主張するなら謝ってほしくなかった。2人の命と遺族の無念さに心の底から向き合っているのか』と悔しさを滲ませていました」(同前)

飯塚幸三被告 ©共同通信社

 松永さんの憤りは、裁判所にも向かっている。代理人によれば「被害者参加人として法廷で遺影を持たないか、一般人として遺影を持ち込むか、二者択一を裁判長に迫られた」という。

「被害者参加とは、被害者遺族が刑事裁判に参加できる制度。当事者席に座って弁護士に依頼して検察官に意見を述べたり、被告人に質問したりできます。一方で遺影の持ち込みは被告の目に入れば心理的圧力になるとして、被告と近い当事者席に座る場合は許可されない例が多い」(同前)