昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

文藝春秋12月号(11月10日発売)「私の選んだベストブランド」プレゼント

PR

「文藝春秋」12月号(11月10日発売)はいかがでしたでしょうか? 抽選で以下の6つの賞品をプレゼントいたします。郵便はがき、もしくは以下の応募フォームより、ご希望の賞品を1つ選んでご応募ください。また、賞品紹介に続く「私の選んだベストブランド」記事もぜひ合わせてご覧ください。

応募方法
[応募フォームへ]
をクリックして必要事項を記入の上、ご応募ください。郵便はがきでのご応募については「文藝春秋」12月号をご覧ください。当選発表は提供各社による賞品の発送をもって代えさせていただきます。


締切

2020年12月9日(水)

応募フォームへ

※お寄せいただいた個人情報は抽選と賞品の発送にのみ使用いたします。

A賞(5名様)

オーディオテクニカ
ワイヤレスネックスピーカーAT-NSP700TV(11月中旬発売)

B賞(18名様)

玄海酒造
本格麦焼酎2本セット(各720ml)

C賞(30名様)

サンギ
アパデント トータルケア〈120g〉

※色はお選びいただけません
※色はお選びいただけません

D賞(4名様)

西川
ウォームフィール

 

E賞(20名様)

日本盛
健醸 900ml紙容器 6本セット

 

F賞(15名様)

リンベル
スマートギフト 11000ポイント分

 

 入り口を大事に!

阿川佐和子●作家・エッセイスト

 生クリームみたいに濃厚。だけど香りがナチュラルだから、歯をみがいていて、とても心地がいいんです。長生きしたいなら歯を大事にしないと、とよく言われます。私はそんなに長生きするつもりもないですが、美味しいものを食べて、スッキリ出す(笑)――こうした循環のいい老人になるためにはやっぱり入り口が大事。「アパデントトータルケア」はむし歯、口臭を防いでくれるだけでなく、歯ぐきを活性化するから歯肉炎・歯周炎も予防できるんだとか。実は歯医者さんが苦手……。ちょっと高い歯みがき剤に投資して、治療の回数を減らせたらいいな。


知ってもらいたい味

照英●俳優・タレント

 仕事で長崎県の離島・壱岐島を訪ねた時、「壱岐スーパーゴールド22」に出会いました。工場にも伺って、製造工程も見せていただいてから味わう一杯は格別でしたね。ホワイトオーク樽で熟成された琥珀色にも惹かれましたが、米麹と大麦の出会いから生まれた香り立つ味わいが何ともいえず美味しくて……。エメラルドグリーンの海を目の前にして、玄海灘で採れた海の幸と壱岐牛をいただきながら島の皆さんと杯を傾けた至福の時間は、僕にとって宝物のような思い出です。この味わいを、芳醇な香りを、多くの人に知ってもらいたいですね。


優しいアシスタント

小島奈津子●フリーアナウンサー

 テレビの音が聴き取りにくいこと、私にもあるんです。朝ドラを欠かさず見ていますが、その時間お弁当づくりもまさに佳境(笑)。テレビから離れたキッチンで料理をしていても、このワイヤレス首かけスピーカーがあれば、セリフの微妙なニュアンスまできちんと聴くことができて大満足。掃除機をかけているときも重宝します。約100グラムと軽くて、設置も簡単なので、聴こえ方に不安を感じはじめたご高齢の方にもお薦めです。「電源が入りました」など、すべて日本語で話しかけてくれるのでストレスがないし、みんなに優しいところがいいですね。


人から人へ渡す想い

廣瀬俊朗●元ラグビー日本代表主将

 怪我で戦列を離れたラグビーの仲間に、合宿地の特産品を贈ることがよくありました。早く元気になって復帰してもらいたい、という想いからですが、ギフトの素晴らしさは、人から人へ、ボールならぬ熱い想いをパスできること、これに尽きますね。リンベルの「スマートギフト」なら、とっておきのおいしさも、洗練された体験も、選び抜かれた良質な品々も満載。WEBなら一万点の中から好きなものを選んで、楽しんでもらえる。コロナ禍で世の中は一変しました。ギブ&テイクではない、贈り手の想いを込めたギフトが未来を変えていくと信じています。


優しく包む夜の友

関根勤●タレント

 ふとんを掛けると、カラダの厚みがあるからベッドとの隙間ができますよね。ところがこの「ウォームフィール」はふわーっと軽くて柔らかくて、寝技のうまい柔術家みたいにビターッとまとわりついてくるんですよ。中綿に吸湿発熱わたが使われていて、汗や湿気を吸って熱に変え、温かさがアップ。素晴らしいですよね。敷いているマットレス[エアー]も心地良いんです。点で支えて体圧を分散して、血流を妨げないからだとか。室町時代から受け継がれてきた西川の技術はこの記事を読んだだけじゃわかりません。ぜひお店で試さなきゃ。


健康を気遣う方へ

いとうまい子●女優

“機能性清酒”という言葉、ご存じですか。日本盛の「健醸」には一合あたりしじみ30個分に相当するオルニチンが含まれているんですが、スッキリとした辛口の味わいも、豊かな香りも日本酒そのままなのでびっくり! 日本酒の発酵過程で多くのオルニチンを生成するという、オリジナル酵母の力によって誕生したと聞いて、健康が気になり出した友人にも贈りました。

 今、まい子の“まい”を取って名付けた「まいまい米」というお米を作っています。そこで酒米を育てて、日本酒を作るのが夢。みんなの気持ちを和らげてくれる日本酒っていいですね。