昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

精液検査の結果に「雑魚ばっかりですね」と医師 不妊治療も「仁術」であってほしい

genre : ライフ, 医療

精液検査の結果に「雑魚ばっかりですね」と医師 不妊治療も「仁術」であってほしい

 

 残暑が厳しいと思っていたら、10月の声を聴いたとたん、すっかり涼しくなってきました。9月半ばの菅首相誕生以来、毎日、「不妊治療の保険適用」という言葉がマスメディアのどこかで見られるようになっています。そんな中、日本産科婦人科学会のホームページに2018年のART(生殖補助医療)のデータが公表されました。

16人に1人が体外受精児

 これによると、2018年にARTで生まれた子どもは5万6979人。これは過去最多であり、この数字は年々右肩上がりで増え続けています。18年の全国の出生数は91万8400人ですので、全体の6.2%、つまり16.1人に1人が体外受精以上の治療で生まれた計算になります。学校のクラスに2人はいるということです。さらに、これは人工授精を含まない数字ですので、これに人工授精を入れるとさらにパーセンテージは高くなるでしょう。これほど多くの子どもが、今やARTによって生まれてきているという事実があるわけですが、にもかかわらず、不思議なほどにその存在や実態は、あまり広く知られていないことをまだまだ実感しています。

 そうした中で、「不妊治療の保険適用」を大きく取り上げていただけることは、不妊治療の認知度向上につながり、ありがたいことです。しかし一方、あまりにも「保険適用」という言葉だけが独り歩きしているように思えてなりません。不妊治療の課題は、NPO法人Fineの設立当初から17年来、大きく4つあるとお伝えしてきています。それは「身体的負担」「精神的負担」「時間的負担」そして「経済的負担」です。

 確かに保険適用は課題の一部ではあるわけですが、もっと大きな根本的な課題は20年以上もほぼ変わらず、しかも大きく取り上げられることもありませんでした。もちろん経済的負担の軽減は非常に大きな課題ではあります。しかし、そこにとらわれ過ぎると、各論で終始してしまいかねないことが危惧されます。この機会にもっと大局も見ていただきたいと願わずにはいられません。