昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載完全版ドキュメント・北九州監禁連続殺人事件

「最後の1枚は見ない方がいいですよ」木の檻に監禁されていた男性の悲惨な写真

完全版ドキュメント・北九州監禁連続殺人事件 #31

2020/11/03

genre : ニュース, 社会

 2003年4月の段階で、松永太と緒方純子の第3回公判が、5月21日に福岡地裁小倉支部で開かれることが決まっていた。この公判は、監禁致傷や詐欺・強盗について開かれた第2回公判までとは違い、初めて殺人が取り上げられるものである。

末松さん親子については立件見送り

 この4月の時点では、緒方の両親を含む親族5人、そして監禁致傷被害者少女の父である広田由紀夫さん(仮名、当時34)の計6人に対する、殺人罪での起訴が行われていた。これまで死亡しているとされた関係者のなかで、逮捕、起訴に至っていなかったのは、緒方の妹の夫である緒方隆也さん(仮名、当時38)に対するものだけである。

 そこで第3回公判の前に、隆也さん事件、さらに前回取り上げた緒方の知人女性である末松祥子さん(仮名、当時32)と子どもの死について、捜査当局に動きがあるかどうかが注目されたが、概ね否定的な意見が優勢を占めていた。

 4月11日に松永弁護団の定例会見が開かれたが、そこでの話題も、今後の捜査の行方と、末松さん案件についてのことが中心となった。まず弁護士は、松永の現状について説明する。

「松永さんは小倉北署の留置場に入っておられるわけですが、4月に入り、新たな任意での調べはないということでした。ですから、ほかの事件について、いわゆる隆也さんや末松さん親子について、立件するかどうかいろいろ言われていますが、逮捕すれば取り調べはするかもしれませんが、いまのところ、そういうことに向けて動くということは、まったく感じられません」

※写真はイメージ ©️iStock.com

 話題に上った2件のその後について補足すると、隆也さんに関しては第3回公判後に立件され、末松さん親子については立件見送りとなった。その背景を、元福岡県警担当記者は次のように語っている。

「あの当時、福岡地検小倉支部は、両方とも事件として立件する気持ちを持っていました。ただ、起訴に持ち込み犯行を立証するための証拠集めが思うように進まず、なかなか福岡高検のゴーサインが出なかったんです。その結果、隆也さん事件については殺人容疑での逮捕までに時間がかかり、末松さん親子については、立件が見送られることになりました」

 松永弁護団の会見に話を戻すと、続いて末松さん親子の案件が取り上げられたが、その際のやり取りについては、同案件の内容について改めて触れる予定であるため、この場では割愛する。ただし、末松さん親子の話題がきっかけで、これまで松永や緒方が生活拠点としていた『東篠崎マンション』(仮名)が、じつは90×号室だけでなく、過去には70×号室と30×号室の3部屋にわたって、借りられていたことが明らかになった。