昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

不倫、DV……乱れたホワイトハウス トランプ側近女性の「終わらない職場恋愛」

 10月5日夕方、入院からわずか3日で米軍医療センターを退院したドナルド・トランプ米大統領(74)。

「すぐ選挙運動に戻る」
「コロナを恐れるな」

 こうツイートしたが、帰還したホワイトハウスでは……。

トランプ大統領

◆ ◆ ◆

感染の始まりはトランプ氏の最側近

 トランプ氏やメラニア夫人をはじめ感染が相次ぐホワイトハウス。報道官など関係者18人の感染が確認されている(10月6日現在)。

 なぜセキュリティーが世界最高レベルであるべきホワイトハウスで、感染が拡大し続けていたのか。

陸軍病院に向かうトランプ大統領

 感染が始まったのは、トランプ氏の最側近であるホープ・ヒックス大統領顧問(31)からだった。

「彼女は、9月29日のオハイオ州で行われた大統領候補者討論会や、30日のミネソタ州の選挙イベントに随行しています。移動中は大統領専用機に同乗し、トランプ氏のすぐそばにいた。エアフォース・ワン内では誰もマスクを着用しておらず、ヒックス氏はミネソタから戻る機上で体調を崩して自主隔離に入ったと言います」(在米記者)

 実はこのヒックス氏、トランプ・ホワイトハウスの乱れた風紀を象徴する人物なのだ。