昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

昔の子分を怒りの提訴 小沢一郎が“証明”する「人間の本質は決して変わらない」ということ

 ローカルニュースで終わるはずが全国に広がったのは、主役の知名度ゆえか。10月11日の立憲民主党岩手県連の結成大会で“事件”は起きた。小沢一郎衆院議員(78)が代表に就任した県連が、立憲所属で岩手1区選出の階猛(しなたけし)衆院議員の出席を拒否。階氏は県連側に「私は、党員で党支部長。出席できないのか」と詰め寄ったが受け入れられなかった。

1969年の初当選以来、連続17回当選 ©文藝春秋

 県連が階氏の出席を拒んだ直接の理由はカネの問題だ。階氏が旧国民民主党県連の代表代行を務めていた際、県連の資金3000万円を自身が主宰する政治塾に移し、返金していないとして立憲県連は10月9日に階氏を提訴した。階氏は「違法性はない。譲歩すべきところは譲歩して和解したい」と語ったが、小沢氏は大会後、「県連に迎え入れる段階ではない」と切り捨てた。

 背景にあるのは小沢氏の怒りだ。階氏は2007年、岩手1区の衆院議員だった達増拓也氏の知事選出馬に伴う補選で初当選。典型的な小沢チルドレンだったが12年に関係が悪化。野田政権で消費増税に反対して民主党を集団離党した小沢氏に従わず、階氏は残留。日本未来の党を実質的に率いていた小沢氏は、達増知事の妻を階氏への“刺客”に擁して徹底攻撃。階氏が勝利したが禍根が残った。

「小沢氏は先日もツイッターで菅政権の学術会議問題を〈批判者を徹底的に潰す極めて陰惨な政治手法〉と批判したが、階氏への対応も同じです。そもそも、安倍、菅両政権のような“一強”の土壌を作ったのは小沢氏です」(政治部デスク)