昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

「強制性交に当たるとの認識はなかった」新井浩文が裁判官の心証を悪くした言葉

 派遣型マッサージ店の女性従業員に乱暴したとして強制性交罪に問われ、一審で懲役5年の実刑判決を受けた元俳優の新井浩文被告(41)。10月12日に控訴審の初公判が東京高裁で行われたものの、本人は出廷しなかった。

 控訴審では改めて弁護人が「新井は女性の言動から合意があると誤信しており、強制性交に当たるとの認識はなかった」などと無罪を主張。さらに「仮に有罪だったとしても、懲役5年は重すぎて不当だ」という主張が追加された。完全無罪は厳しいとみたか、実刑回避のため有罪となることを“譲歩”した形だ。

「犯罪者を演らせたら日本一」と公言していた ©共同通信社

「一審では無罪を主張しつつも被害者に謝罪したり、『合意があると思った』と強弁するも『不安もあった』とこぼしたり、やや自己矛盾に陥っていました。『(派遣型マッサージ店は)グレーゾーンな店』と一方的に評し、『(女性は)言っていることがおかしい』とキレる場面もあった。自分の行為に冷静に向き合えていないのでは……と裁判官の心証を悪くしました。女性側は法廷で新井が真摯な態度を見せれば示談も考慮する構えでしたが、結局、交渉の余地を自ら閉ざすなど自滅した印象です」(司法担当記者)

 東京地裁は「合意があったと誤信するとは到底考え難い」「卑劣で悪質」と厳しく断じ、実刑を言い渡したのだった。控訴審は即日結審。通常、被告側が有罪判決を覆すのはかなり高いハードルがあるが、今回は切り札があるようだ。