昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《緊急アンケート》大ヒットアニメ「鬼滅の刃」あなたが好きなキャラクター、好きなシーンは?

抽選で10名様にAmazonギフト券をプレゼント

 10月16日に公開されたアニメ映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は、公開から3日で興行収入が46億2000万円を超える大ヒットとなり、いまや子供から大人までを巻き込んだ国民的ブームとなっています。公開から3日間に限った興行収入でいえば、『アナと雪の女王2』の19億4000万円の2倍以上、『天気の子』の16億4000万円の3倍近い数字で、日本の映画史上最高とも言えるスタートダッシュとなりました。

 原作漫画『鬼滅の刃』(集英社)も10月2日発売の22巻で累計発行部数が1億部に到達。1巻の発売から4年2カ月での1億部到達は、『ONE PIECE』の7年2カ月という記録を更新し、こちらも史上最速です。

漫画「鬼滅の刃」(集英社)

 少年マンガの限界に迫るダークな世界観、印象的なセリフ、アニメ版での美しい技の数々など、鬼滅人気には多くの要因がありますが、多彩かつ深みのあるキャラクターたちの魅力も忘れることができません。

 そこで「文春オンライン」では、「鬼滅の刃 好きなキャラクターアンケート」を実施します。

 家族を「鬼」に殺された少年・竈門炭治郎、ただ1人生き残りながらも鬼化してしまった妹・竈門禰豆子。炭治郎とともに戦い、支え合う我妻善逸、嘴平伊之助、鬼と戦う“鬼殺隊”の9人の精鋭「柱」たち。

 そして、「鬼」を率いる鬼舞辻無惨と、12体の「十二鬼月」。

 また、刀を取って戦うことはないキャラクターたちの中にも、鬼殺隊のお館様こと産屋敷耀哉や、炭治郎に剣術を教える鱗滝左近次、刀鍛冶の鋼鐵塚蛍、鬼の身でありながら人間との共生を望む珠世など、豊富な個性がひしめいています。

 アンケートの応募はかんたん。下記URLにアクセスして、あなたが選ぶ「好きなキャラクター」(3名以上、最大7名まで)を教えてください。1位=8点、2位=7点、3位=6点、4位=5点、5位=4点、6位=3点、7位=2点の配点で集計します。

 あわせて、好きな「理由」もお書きください。好きなセリフや好きなシーン、好きなコンビなどについても触れていただければ幸いです。

 アンケートにお答えいただいた方の中から、抽選でAmazonギフトカード5000円分を10名様にプレゼントいたします。

 応募の締め切りは2020年11月30日(月)18時。たくさんのご応募をお待ちしています。

応募〆切:2020年11月30日(月)18時

投票する

応募にはメールマガジンの登録が必要となります。
※編集上の都合により、締め切り日を変更する場合があります。

 主要キャラクター一覧

(あくまで投票の参考です。ここに名前のないキャラクターにも投票いただけます)

・竈門炭治郎
・竈門禰豆子
・我妻善逸
・嘴平伊之助
・産屋敷耀哉
・冨岡義勇(水柱)
・胡蝶しのぶ(蟲柱)
・煉獄杏寿郎(炎柱)
・宇髄天元(音柱)
・時透無一郎(霞柱)
・甘露寺蜜璃(恋柱)
・悲鳴嶼行冥(岩柱)
・伊黒小芭内(蛇柱)
・不死川実弥(風柱)
・鬼舞辻無惨
・黒死牟(上弦の壱)
・童磨(上弦の弐)
・猗窩座(上弦の参)
・半天狗(上弦の肆)
・玉壺(上弦の伍)
・堕姫、妓夫太郎(上弦の陸)
・魘夢(下弦の壱)
・轆轤(下弦の弐)
・病葉(下弦の参)
・零余子(下弦の肆)
・累(下弦の伍)
・釜鵺(下弦の陸)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
応募要項
  • 当選者の発表は、賞品の発送をもって代えさせていただきます。お届け先情報の登録がない場合、登録されたお届け先が不正確であった場合は、当選を無効とさせていただきます。なお、お届け先は国内に限らせていただきます。
  • 回答は各アンケート、ひとり1回に限らせていただきます。
  • 投稿いただいた内容の他、あらかじめ登録いただいた年齢をあわせて掲載する場合があります。
  • 個人を特定する情報については、当社のプライバシーポリシーに従って厳格に管理します。あらかじめご本人の許可を得た場合および法令に基づく場合を除き、個人が特定できる情報を外部に提供することはありません。
  • 回答いただいた内容は、誌面の都合上一部のみを使用したり、誤字脱字の修正、その他掲載に必要と思われる最小限の範囲において編集を行なう場合があります。
  • 回答いただいた内容の著作権は、文藝春秋に帰属するものとします。誌面のほか、新聞広告、交通広告等にも掲載される可能性があります。
  • 誌面掲載にあたっては、事前にお知らせしたり、内容を確認いただくことは出来ません。