昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

観月ありさの“悪女”は新境地となるか?

 そのひとつが、9月末に終了した連ドラ「私たちはどうかしている」(日テレ)で挑んだ“悪女”だという。

「主演ではなく、横浜流星演じる主人公の母親役。“嫁”(浜辺美波)に対する冷たい表情と厳しい口調の陰湿な“姑”を怪演し、ドラマの見所を作った」(同前)

 近年の悪女役といえば、昼ドラ「牡丹と薔薇」(04年)の小沢真珠(43)や、一時期は悪女が代名詞だった高岡早紀(47)がいる。しかし実は最近、悪女は払底気味であり、観月が本格参入すれば大きな需要が見込めるという。たしかに菜々緒(31)のように悪女イメージで頭角を現しても、主演に格上げすれば正統派に転身するのが普通だ。

かつては宮沢りえ、牧瀬里穂と共に「3M」と称された観月ありさ

「観月のように主演から悪女は“逆コース”であり、格落ち感は否めないが、私生活では15年に建設関連会社社長と結婚し安泰だし、本人にはギネス記録へのこだわりもないといわれる。割り切って脇に回れば、悪女でも鳴らした故・野際陽子のような大女優への道も開ける。『半沢直樹』(TBS)でヒステリックな副社長役が好評だった南野陽子(53)もしかり、今後悪女路線への参入が増えてきそう」(民放ドラマ制作関係者)

 すでに悪女に“同化している”。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー